スポンサーリンク

【バウルー】ホットサンドメーカー【亜種】

子供の頃によく食べていたバウルーが食べたくなって、調理器具を買っちゃいました。

食パンを挟んで焼いて作るアレです。

バウルー亜種

バウルーという名前もすっかり忘れていたのですが、今ではたくさんの亜種が売られています。一般的にはホットサンドメーカーって言うのかな。amazonで検索して引っかかった中から選んだのはヨシカワという新潟にあるメーカーの製品です。

ヨシカワの「あつあつホットサンドメーカーダブル」

この製品の特長はヒンジが2つ付いていて、簡単に外せること。洗いやすいと思います。

知恵の輪のようになっていて、あれ?どうやって嵌めるの?って焦りました。

分かってしまえば簡単です。

2ついっぺんに入れないと絶対に入りません。

ホットサンドの作り方

説明では内側にバターを塗って、外側にサラダ油を塗るって書いてありますが、私は外側にバターがイイと思います。

バターだけじゃカスカスじゃない?ケチャップとかマヨネーズ塗ったほうが美味しいでしょ。

基本的な調理方法は食パンに具を挟んで、ガスコンロで焼くだけです。

スーパーで買ってきた食パン(8枚切り)

業務スーパーのベーコンと、とろけるスライスチーズ。

味付けはケチャップとからしです。それとバター(マーガリン)。

バター(マーガリン)はパンの外側に塗るのがイイと思います。

外側にバター、内側にからし、ケチャップ。

ベーコンととろけるチーズを乗せたら、追いケチャップを。マヨネーズでも良さそう。

外側にバターを塗って、閉じます。

あとは弱火で引っくり返しながら両面を焼くだけ。

時々開いて焼け具合を確認します。イイ感じに焼けてます。

真ん中を包丁で切って完成です。

チーズが溶けてイイ感じ。

まとめ

ハムとチーズ、ケチャップで思っていた味になりました。ヨシカワのホットサンドメーカーWはバウルーよりも安くて改良が加えられている点がポイントです。

バウルーって、ずっと外国のメーカーと思っていたのですが、実は日本の会社なんですね。

バウルーの歴史 | バウルー ホットサンドカフェ
ブラジルからBoa tarde! バウルー。この不思議な響きの調理器具が日本で発売され約40年。その道のりについて、製造元の田巻金属株式会社、発売元のイタリア商事株式会社にお話をうかがいました。

オリジナルには敬意を表しつつ、改良されたホットサンドメーカーに満足しています。

コメント

  1. ojisan より:

    美味しそう

    バウルーって言うんですか
    ホットサンドメーカーと思ってました
    片側だけあれば、満腹かな・・・燃費がいいもんで
    でも、ヒンジ部分の知恵の輪もさることながら、ここまで
    頑丈でなくてもよさそうに思いますけどね
    さすがメイドインジャパンですね、これだから日本製は好きです

    • oink! より:

      ホットサンドとかトーストサンドとか言いますね。
      レトロ自動販売機のがトーストサンドですかね。
      ウチではバウルーって言ってました。まだあるのかな・・

      >片側だけあれば、満腹かな・・・燃費がいいもんで
      私は燃費が悪いので2個では物足りない感じです(´д`ιι)

タイトルとURLをコピーしました