スポンサーリンク

【100均】アルミ製2mmシャーペンを芯研ぎ器対応型に【改造】

最近はダイソーの店頭で見かけなくなったアルミ製2mmシャーペンですが、お気に入りの筆記具のひとつです。ただ、弱点があって、ステッドラーの芯研ぎ器が使えません。

ナイフでドライバー式に削るよりも、芯研ぎ器を使いたいのです。(ていうか、ドライバー式に削って細線を引いている人ってもう居ないと思いますが。)

ステッドラー

30年以上前の学生時代に買った芯ホルダーです。今では使うことが少なくなりましたが、どこかが壊れるでもなく、まだまだ使えます。

芯ホルダーというのは、お尻のボタンを押すと先端のストッパーが開いて芯が引き出せます。シャーペンのようにノックするごとに芯が出る訳ではありません。

芯研ぎ器に差し込んで、芯ホルダーをハンドルのように回せば芯を尖らせることができます。

 

ダイソーの2mmシャーペンの芯を芯ホルダーで削る場合、芯を30mm程度出さないと芯研ぎ器のヤスリに到達しません。また、研げたとしても雑に扱うと簡単に折れてしまいます。

今回は芯を長く出さなくてもステッドラーの芯研ぎ器で研げるように改造します。

分解

先端のネジを緩めたらボディと中身に分離できます。

このシャーペンのイイ所はアルミボディであること。

芯研ぎ器に入らないのはこの部分が太いため。六角柱を円柱に削ってやろうと思います。

加工

いつもやる手ですが、ボール盤のチャックに固定して、回転させながらヤスリの当てる方法。

回しながら、ひたすら鉄工用ヤスリや、紙やすりで削ります。

空研ぎペーパーの#100ぐらいで。一方向から圧を掛けるのはあまりよろしくありません。

ペーパーで巻き込むと全体に負荷が掛かりますが、摩擦で結構熱くなります。

こんな感じで先端が20mm程度円くなりました。

加工完了。早速組み立てます。

 

芯研ぎ器に挿してみると、削った部分がすっぽりと奥まで入りました。

左手で芯研ぎ器を持って、回転してみると・・・

バッチリです。

 

お気に入りの2mmシャーペンが芯研ぎ器で芯を研げるようになりました。削った所に熱収縮チューブを被せて、滑り止めを付ければさらに使いやすくなりそうです。(満足度:85)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました