スポンサーリンク

【修理】オカンの壊れたemachinesのファン【交換】

オカンのemachinesが動かなくなり、オクで新しいPCに買い替えた件ですが、動かなくなったポンコツの方のファンを新品と交換し、しぶとく再生することにしました。

ファンさえ動けば問題なく使えるはず。

ファンを注文

以前はAliexpressで見つけて注文したのですが、もうAliでは売ってないみたい。諦めかけたところ、なんとamazonにあるではないですか。値段もそう高くないし、即注文。

こういう専用パーツは買える時に買っておくのが吉。中国発で7日で届きました。

 

12年前のPCの専用部品が今でも手に入るのはありがたいことです。

分解・交換

裏の20本以上あるネジを全部外し、基板を露出させます。

もうこれで何回目だろうか。この機種に関しては分解と組立のコツを体得しています。

 

新旧CPUファンを並べてみたところ。

 

組む時に困らないように、WiFiに繋がるケーブルの色と収まり方を写真に記録しておきます。

 

指で羽根を回すと、抵抗があり、スムーズに回りません。

 

古いファンからヒートパイプを取り外し、新しいファンに付け替えます。

 

新しいファンとヒートパイプが合体完了。放熱グリスをソルベントで拭き取って掃除します。

 

CPUの方も同様に掃除します。外にはみ出したグリスは手抜きしてそのまま。

 

グリスを塗り直して取り付け完了。何事も無かったように動いています。新しいファンは羽根の枚数が増えたせいか、以前より静かになりました。 これであと5年は使えると思います。

3週間後

ガレージの工作机の横で、iTunesの音楽を掛けようと久しぶりにPCを起動してみると

Windowsのライセンスが切れているではありませんか。

Windows10の時はこんなこと無かったのに。

Win11になるとM/BのIDをチェックしているみたいで、同じ機種でも認証されません。

オカンの家に送った、このSSDと紐づけされていたマシンを送り返してもらって、

SSDをまた元通りに入れ替えます。

 

透かしは消えました。やれやれ。

 

 

https://amzn.to/49mvY0a
https://amzn.to/3TXZDbx

コメント

タイトルとURLをコピーしました