スポンサーリンク

青歯スピーカーを作る(一次試作)

Bluetooth×アンプ×スピーカー一体化モデルです。スマホをBluetoothで繋げて使います。操作はON/OFFとボリュームのみのシンプルなもの。

電子部品はモジュールを組み合わせます。スピーカーはダイソーのUSBミニスピーカー。

コンセプト

スマホ内の音楽やラジコを手軽に鳴らしたい。市販品のようなバッテリー内蔵型やUSB電源ではなく、使い勝手のいい18650を2本使って、ノイズを抑えたいと思います。

18650とスピーカーが収まるミニマムサイズでデザインしました。(W219×H73×D56)

前カバーにスピーカーを取付け、残りのパーツは後カバーに取付けます。

バスレフダクトは内径8mmのパイプを切って嵌め込みます。ダクト有り無しで音の違いを確認してから、付けるかどうか決めたいと思います。付ける場合は前面に穴を開けます。

左右スピーカーの箱を真ん中で仕切る構造。

パーツの準備

電気的な部品はモジュール化された市販品を使います。アンプは125円前後のPAM8403を使った3W*2アンプ、BluetoothはUSBドングル、スピーカーはダイソーのUSBミニスピーカー。

動作電圧:2.5V-5.5Vなので、18650が使えます。ボリュームを交換しようと思います。

スイッチ付きボリューム(50KΩBカーブ)をスイッチ無しのAカーブと付け替え。

アンプと青歯の電源を分けるため、2極双投のスライドスイッチを付けることにします。

以前に秋月で買ったスライドスイッチ。1個30円

BluetoothモジュールはUSBに挿して使えるドングル。300円ほどで入手できます。

3.6Vでも動くというレビューがあったので、多分18650が使えると思います。

USBポートを取り外して、小型化して使います。

ダイソーのUSBミニスピーカー(300円スピーカー)を使います。

3Dプリンティング

外装ケースは作った3DデータをABSで3Dプリンター[Anycubic i3 Mega]から出力します。

こっち向き(表面を上に)の方が綺麗に出来るかと思って出力してみたのですが、失敗でした(後述)。ちなみにコレのプリントに16時間半掛かりました。

前カバーも通常とは逆向きで出力して、失敗(後述)。

その他のパーツは問題なし。これで一応パーツが揃いました。

今回はプリントした物の表面をポリパテで平滑にし、塗装で仕上げる予定です。

ツマミを置いて、ちょっと確認中。

電池蓋はイイ感じで嵌ります。よくあるバネ構造のフタです。

問題は縮んで反ること

ABSは冷えると縮みます。出力中にベッドから剥がれると、どうしても反ってしまいます。

合わせ面が反ってしまって、キッチリ嵌りません。パテで直すことも出来なくは無いですが、他の修正すべきヶ所もあるので、モデルを直してから再度プリントすることにしました。

パーツの合わせ面がピッタリ合うには表面を底にして、パーツ合わせ面を最後の方でプリントしたほうが反りの影響が無く、正確にプリント出来るのではないかと思います。

次ステップでの修正箇所

  1. 反り防止のため、表面を底にして出力し、角Rや面取りは後加工とする
  2. 合わせ面に隙間が出来ないようにツメを付ける
  3. スライドスイッチ基板が嵌め易いように、一部分切り欠きを設ける
  4. 電池のバネが緩いので、電池ボックスの長さを片側1mmずつ縮める
  5. ダクトパイプが内部で干渉しているので、1mm下へ移動する

※モノは完成しているのですが、記事のボリュームが大きいので、3回に分けて連載します。

青歯スピーカーを作る(ほぼ完成)
自作Bluetoothスピーカーの続きです。前回3Dプリンターで出力した際、ケースが反ってしまったため、モデルデータを修正し、プリント方法を変更して作り直しました。 とりあえず完成。手軽に使えて、中々イイです。 3Dプリント 今度はベ...

つづく・・・

関連記事

青歯マイクロコンポを作る
AMラジオをイイ音で手軽に聴きたいと思い、ラジコを聴くためのオーディオシステムを作りました。このコンパクトさがイイ! 市販のBluetoothレシーバーと3W*2のアンプを組み合わせ、スマホを繋いで使います。 アンプは125円 ama...
[高音質]ダイソーUSBミニスピーカー
ダイソーで300円で売っている『USBミニスピーカー』を買ってきました。今までの100円スピーカーと違い、ずっしりと重いです。コレは期待できます。 USBから5V電源、3.5ミニプラグから音を入力します。DAC内蔵では無いようです。 ...
グリーンハウスのMP3プレーヤー
GREEN HOUSEのMP3プレーヤー”GH-SPM210SRB”を買いました。なぜか「ポータブルスピーカー」って売り方していますが、どう見てもオーディオプレーヤーです。 メモリーに音楽を詰め込んで、気軽に使うのにイイ製品です。 ...
ラジカセ風MP3プレーヤーを作る
DXで(620円ぐらい)で買ったヘッドフォンプレーヤーがあります。そのままでも十分使えますが、これにアンプとスピーカーを付けたMP3プレーヤーを作りました。 無印良品にありそうな感じ? 素材となるのはMP3プレーヤーの他にUSB...

 

コメント

  1. OJISAN より:

    いいですねぇ
    ほれぼれする出来映えですね
    BOSEからこんな形のSPが発売されていたと思いますが。
    あれは、いい音がしますよ・・・私の老耳でもわかります
    oinkさんのはどうかな・・・・

    • oink! より:

      いつもありがとうございます^^
      BOSEのBTスピーカーの音は聞いたことがありませんが、このスピーカーもイイ音です。安い部品の寄せ集めですが、中々のものです。
      音質と、コンパクトさ、使い勝手のバランス、ですね。

  2. こんばんは~

    うーん、段々と作る物の内容が高度化して来ているのが、凄いです。
    電池 BOX まで組み込みで作る様になりましたか…
    こうして一つ一つ問題を解決して行く内に…あ、これはこの様にすれば良い!
    と最初から山勘が働く様になるのですかね?(何となく、そんな気がします)

    私がそのレベルまで行くのは、いつになるやら?とかも思いますが、
    まあ根がノンビリ性なので、ゆっくり行きたいと思っております
    でも、本当に良いですよね、こういうの。一生の趣味になると思いますよ

    • oink! より:

      どうもありがとうございます。

      >こうして一つ一つ問題を解決して行く内に…あ、これはこの様にすれば良い!
      と最初から山勘が働く様になるのですかね?(何となく、そんな気がします)

      まあそうですね。家庭用3Dプリンターで出力するという前提なら、どういうデータを作ればイイかが分かってきました。剥がれにくいように、ベッドに接する面積を増やしたり、どうせ綺麗に出ないだろうという前提で、その部分を後加工したり。
      業務用の高精度なプリンターで出力するなら、そんなことは考えなくてもイイ話なんですけどね。
      まあでも、家の机の上で3Dデータから物ができるというのは素晴らしいです。私は3Dを触ってかれこれ20年になりますが、テキストは本屋で買った本2冊程度です。ゆっくりやれば大丈夫ですよ。

  3. denki より:

    『僕も作りたい!』と思いパーツは準備したけど…ケースがない!!すごく残念です。
    心の中↓
    ああケースほしいなぁ…

    • oink! より:

      以前は汎用のケースを切ったり貼ったりして作っていました。
      そういう方法もあります。
      3Dプリンターがあると、自分のほしい形が手軽に実現できます。
      表面を仕上げるのが大変なんですけどね。

タイトルとURLをコピーしました