JAXMAN Z1修理

ズームの照射が気に入っていたJAXMAN Z1(CREE XML2)ですが、ある日使おうとスイッチを入れたら点かなくなっていました。

電池を替えたり、色々試してみましたが、どうもLEDドライバーが壊れたような感じです。

電池は26650(保護回路無し/全長67mm)を使っています。電圧を測ると4V以上ありました。とりあえず分解してみますか。

まずは分解用ツールを作る

分解する時はいつも、カニ目レンチの代用としてピンセットやディバイダを使っていました。しかし、Z1のような太いサイズだとちょっと辛いです。スナップリングプライヤーはあるけど先が外を向いていて使いにくい。・・ってことでスペシャル工具を作ります。

以前ダイソーで買ったラジオペンチを改造します。100円なんで気楽です。

はい完成。両頭グラインダーで削って作りました。

分解

最初に先端のフードとレンズを外します。

続いてズームリングを外します。

ここから先の分解で、自作ツールが必要になりました。

穴に差し込んで回します。

今度はLEDとドライバーのASSYを同様に回して外します。

裏側のリングを同様に回して外します。

やっとドライバー基板が出現。

LEDに直接3Vを繋ぐと、点灯しました。やはりドライバーが壊れたみたい。

JAXMANに問い合わせ

点かない原因がドライバーである事は確定ですが、目視ではどこが壊れたか分かりません。気になったのはマイナス側のハンダがICにつながっていることと、ICのPIN1つにハンダが乗っていないことです。このハンダ状態が正しいのかどうか、メーカーに問い合わせてみました。

また、もしこれが正しいなら、ドライバーを送ってくれないか?とも聞いてみました。本来は買った所に聞くべきでしょうが、取説を読むと、送料だけ負担すれば修理してくれるとのことです。ただ、本体を送り返すのは面倒なので、ドライバーだけ送ってくれると最高です。

JAXMANからの回答は、1)ドライバのハンダ付けは正しい。2)26650の全長が67mmだと、ドライバーを壊す恐れがある。3)ドライバーを発送することは可能。・・・とのこと。

結局、LEDドライバーを送ってもらうことになりました。

ただし、無料という訳ではなく、特別サイトで代金を支払う形です。$5ほど請求されましたが修理のために返送する送料を考えれば安いもの。納得して注文。

過剰とも言えるぐらい丁寧な梱包で、10日後に到着。

ドライバーの交換

カプトンテープを剥がして、リード線のハンダを溶かし、ドライバーを取り外します。

リード線の通る穴はシリコンで固まっていたので、ナイフでほじって拡げました。

新しいドライバーを取り付けて、壊れたドライバーを照らしている図。修理完了です。

杰克斯曼さんは当方が直接の顧客でないにも関わらず、しかも勝手に分解した後のイレギュラーな依頼に丁寧に対応してくれました。多謝多謝。

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル

『JAXMAN Z1修理』へのコメント

  1. 名前:OJISAN 投稿日:2017/07/25(火) 14:47:40 ID:b7e41821c 返信

    すごいですね
    修理もワールドワイドですね
    私だったら、分解までで終了になっちゃいます
    おそれいりますです・・・尊敬のまなざし。

    • 名前:oink! 投稿日:2017/07/25(火) 21:40:35 ID:b7c4b59c1 返信

      1年保証が使えるのか試してみたかったのですが、結果的に直って良かったです。
      ただ、調べてみるとドライバーはAliの色んな店で$2-3で買えるみたいです。
      直ったんだし、まあいいか。(何かを買った後にもっと安い店を見つけたあの感じです。)

      • 名前:OJISAN 投稿日:2017/07/26(水) 11:14:34 ID:e08befca7 返信

        >何かを買った後にもっと安い
          う~んわかります、すごく損をした感じですね
          でも、結果オーライですね

        • 名前:oink! 投稿日:2017/07/26(水) 17:10:22 ID:283bd91f7 返信

          そうですね。買った後に他所の値段を調べないのが一番です。
          JAXMANさんは丁寧に対応してくれたし、信頼できますよ。