ワイヤーブラシアダプターの活用

レシプロソーにワイヤーブラシを取り付けるためのアダプターです。お尻が汎用的なブレード形になっており、前側は専用のワイヤーブラシが取り付けできるようになっています。

EARTH MAN ワイヤーブラシアダプター DNP-7 D2で購入。

別売りのワイヤーブラシを差し込んで、ネジを締める形です。

ブレード形の板に固定金具が溶接されています。

普段はノコ刃を取り付けている電気ノコギリ[RYOBI ASK-1000]。

固定金具から後ろ側が長いなと思ったんですが、ガードとの干渉を避けるためですね。

ワイヤーブラシを取り付けてみる

別売りの真鍮ブラシと鋼線ブラシを買ってきました。

真鍮ブラシを取り付けてみました。

サビ取りが楽ちん!

ヤスリを取り付けてみる

往復運動ならヤスリでしょ。軸の太さが5mm程度なら入るはず。

ダイソーで買ってきたヤスリセット。

短い方が使いやすそうなので、グラインダーに切断砥石を付けてカット。

取り付けるとこんな感じになります。

これは使えますね。

ブラシにも

こうなると色々試したくなります。今度は台所用のナイロンブラシを買ってきました。

ダイソーで売ってた『注ぎ口ブラシ 3点セット』。

樹脂部分を削り落として取り付けたらこんな感じに。

隙間の掃除が楽々。

このワイヤーブラシアダプターは便利ですよ~。Φ5mm以下の棒なら留められるので、アイデア次第で色んなものを往復運動させることができますね。(^w^)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル