集塵機・安フィルターを改造して使う

8年使っている集塵機はRYOBI VC-23という機種。amazonのレビューではあまり評価は良くありませんが、ウチのは使用頻度がそれほど多くないからなのか、よく吸います。

ガレージで工作した時に出る、木、プラスチック、金属等、何でもよく吸います。

ゴミは直接ダストBOXに溜まります。水も吸えるんですが、100%ドライで使っています。

フィルターがすぐにホコリに覆われて目詰まりします。

時々ブラシでフィルターのホコリを掻き落とすと吸引力が復活します。でも、集塵機を買ってから一回もフィルターを交換していないのでボロボロです。そろそろ買い替えようと思うのですが、カートリッジフィルターって結構高いんですよね。

藤原産業のEVC-200PCL/SCL用が使えそう

エコノミーな代替品が無いか探していたところ、RYOBI VC-23とE-Value EVC-200PCLの下半分が同じ形であることを画像検索で知りました。

両者を比較している記事を書いた HERITAGEさんにEVC-200PCLのフィルターの寸法を尋ねてみたところ、親切に教えて頂きました。その節はありがとうございました。<(_ _)>

EVC-200PCL用フィルターの寸法は、内径は同じで、長さが40mmほど長いみたいです。

左:RYOBI VC-23 右:E-Value EVC-200PCL ダストBOXから下は全く同じです。

フィルターはRYOBI純正が3,500円に対し、藤原産業(E-Value)が2,000円って感じで、これが使えるならばかなりお得です。

長さを短く改造してみよう!ってことでamazonで購入

カートリッジフィルターにはフタの部分も付属していますが、これは使えません。

内側に金網が付いていませんが、必要なら古いフィルターのを利用しようかと思います。

リョービ純正カートリッジフィルターはこんは位置関係。

内径はピッタリですが、長すぎるのでフタができません。

フィルターを改造する

カッターで根元から切断し、長さを合わせます。36mmほど短くしました。

輪っか側にシリコン(バスボンド)をたっぷり盛って、フィルターを押さえつけます。

同じ高さのフィルターが出来ました。

集塵機にセット。隙間無くバッチリ!

集塵袋を使う

リョービVC-23用のオプションとしては発売されていない集塵袋ですが、本体形状が同じEVC-200PCL用が使えないはずがない。ってことで、コレも同時に買ってみました。

集塵袋を使う方がゴミ捨てが楽だし、カートリッジフィルターが長持ちするだろうとの読み。

イイね。何の問題もなく取り付けられました。

乾いた細かい粉塵を吸うなら、カートリッジフィルターと集塵袋の組み合わせがGOOD。

まとめ

リョービVC-23用の純正フィルターが、3,500円前後するのに対して藤原産業(E-Value)が2,000円程です。藤原産業の方は金網で補強されていないので、吸引力で変形しないかが心配でしたが、今の所問題なく使えています。変形するようなら、古いフィルターから取り外して付ければいいかと考えています。

今回は「安いフィルターを改造して使う」というのが記事の主旨ですが、オススメなのは集塵袋の方です。E-Value EVC-200PCL/SCL用の集塵袋を使えば吸引力はさほど変わらず、ごみ捨てが楽になります。カートリッジフィルターはリョービ純正のまま、集塵袋を追加するってのもアリかと思います。裏技としてどうでしょう?

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル