MANKER U21

MANKER U21を入手したのでレビューします。このライトの特長は電池が26650で、USB充電、到達距離700mって所でしょうか。

s-u21manker001

MANKER U21 1*18650/1*26650 USB充電式  取扱店:Aoniro Jさん

内容確認

s-u21manker002

今まで使ったことのあるフラッシュライトの中で一番大きく、ズッシリと重いです。

s-u21manker003

ライト本体の他に、18650用スリーブ、ランヤード(ストラップ)、USBケーブル、Oリング

s-u21manker005

つや消し黒の質感と、R加工を上手く活かしたデザインがカッコイイです。

s-u21manker007

50mmほどの大口径リフレクターの奥にはCree XHP35 HI が見えます。

s-u21manker014

握ったらこんな感じ。太くて、ズッシリと重量感があります。

特長・仕様

s-u21manker008

全長:148mm ヘッド:Φ59 ボディ:Φ35 重量290g(電池除く)

s-u21manker013b

特長(取説の記載)

  • LED:CREE XHP35 HI
  • 最大出力:1300lm
  • 最大光度:124000CD
  • 到達距離:700m
  • 動作電圧2.8~4.35V
  • USB充電電流:2A
  • ドライバ:リチウムバッテリー用PFM/PWMシンクロ式
  • リフレクター:アルミニウム
  • 材質:航空グレードアルミ
  • スイッチ:クリック式

操作方法

スイッチはサイドに1個なので、通常の「短押し」の他に「ダブルクリック」と「長押し」で操作します。図を見ると複雑な感じがしますが、慣れてしまえば簡単です。

s-u21manker013a

電源OFFからスイッチを短押しすると、[Low→Medium1→Medium2→High→Turbo→]モードに入ります。Lowで点灯し、押すごとに順番に切り替わります。どの状態からもダブルクリックで[Strobe→Breath flash→S.O.S→]モードに入ります。長押しで電源をON/OFFします。長押しで電源を入れた場合、前回OFFした時の通常モードで始まります。

s-u21manker006

スイッチに刻まれたMANKERのマーク(?)。このゴムの下にはLEDが仕込まれています。

s-u21manker009

Bleath flash(このモードの用途がイマイチ分かりません)だと、マゼンタでゆっくり点滅。

s-u21manker012b

USBで充電中は赤く、満充電になると青に変わります。

s-u21manker010

また、使用可能時間の25%以下になると赤く点灯します。

照射テスト

26650は持っていないので、18650で試してみます。また、他の18650を入れて使うライトと比較してみます。(写真は全て1/60、f8 、ISO1600)

3m先の壁

s-3u21a

中心部分がかなり明るいです。

他の18650のライトと比較してみました。

s-s-3u21d

左からMANKER U21、MANKER E14、THRUNITE TC12

7m先の壁

s-7u21a

中心がかなり明るいです。

他の18650のライトと比較してみました。

s-s-7u21d

左からMANKER U21、MANKER E14、THRUNITE TC12

こうやって見比べるとリフレクターの形状次第でこうも変わるかという感じです。MANKER U21は遠くを照らす事に重点を置いたライトと言えそうです。到達距離700mというスペックは間違いなさそうです。多分26650を入れたらもう少し明るくなるんだと思います。

まとめ

まず始めに感じたのは鈍く光り、ズッシリとした、この存在感。MANKERのライトは加工で作り出すRを上手く活かしてデザインされていると思います。加工品質は素晴らしいです。

ライトの性能は距離を最優先した感じ。手元を照らす事がメインなら他のライトの方が使い易いと思います。ただ、こういうふうに的を絞った製品作りは好感が持てます。

USBで充電する方式は個人的にはそれほど魅力を感じないのですが、26650の専用充電器を別途購入することを思えば、本体で充電できたほうが良さそうです。26650も買ってみようかなって気になってきました。

気に入った所:

  • デザイン、MANKERらしい尖ったイメージ、コンセプト
  • 加工・製造品質
  • 到達距離700mという性能
  • ゴムのスイッチが光って、色が変わる点

イマイチな所:

  • USB部分の防水が心配(ゴムキャップのスペアを付属して欲しい)
  • 付属のUSBケーブルが短いので、置く場所が制限される
  • 18650用スリーブ外径が細く、本体内でガタツキが大きい
スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル

『MANKER U21』へのコメント

  1. 名前:電子工作好き 投稿日:2016/11/26(土) at 12:43:55 ID:34f2bb04f 返信

    こんにちは~

    これはヘビーデューティーなライトですね。
    MTB の前照灯として取り付けて走ったら最適な用途かも?と個人的には思いました。
    これの満充電時の連続点灯時間って、どのくらいなのですか?
    連続点灯で2時間くらい持つのならば、ちょっとした走りなら実用範囲かな?と思います。
    問題は、車体から取り外して持ち歩く時の携帯性かも知れません。
    これ車体に付けたままだと確実に盗まれると思います。(と言っても持ち歩き難い)

    • 名前:oink! 投稿日:2016/11/26(土) at 16:52:03 ID:ba86f6e09 返信

      電子工作好きさんこんにちは。
      自転車に付けると、かなり先まで照らしてくれそうですが、
      ハンドルが重くなりそうなのが心配ですね。
      連続点灯時間は26650を使ってHIGHで3.1時間ですね。
      携帯性は他の18650のライトとかと比べちゃうと厳しいです。
      やっぱり強いビームで遠くを照らしたい時に使いたいライトって感じです。