タイプIIコレクション

本当は部品取りのボロボロで良かったんですが、そういうジャンク品は中々出物がありません。なのでちょっと値段が上がりますが実動品を買いました。

s-trio001

と言っても1つ1,000~2,000円程度。希少価値はありません。

s-tsugi002

トリマコンデンサとは別に欲しかったパーツがコレ。バネで伸びるツギタシ管。

s-tsugi001

いつの間にか紛失していたので、これがまた手に入ったのは非常に嬉しい。

s-8090_003

35年前にお祝いに貰ったTYPE II 7546-8090。これの部品を交換したい。

s-8090_004

調整用ネジの頭がねじ切れています。これを別の時計の正常な部品と交換する計画。

問題は部品取りが3つもあって、しかも全部正常に動いていること。どれを潰すかを決めるのに苦労します。全部使いたくなってしまうんですよねぇ・・。

s-8070w01

迷った挙句、この白い文字盤の時計から取ることにしました。

s-8070w003

裏ぶたを開けてみると、中は割ときれいです。

s-8090_005

お祝いで貰った方はパッキンが硬くなって切れていました。

s-8070w004

ネジ4本外して、回路ブロックを取り外しました。

s-8090_006

こっちも取り外し完了。綿棒にベンジンを付けて周りを軽く掃除しました。

s-7546kairo

左のねじ切った方はハンダ修正してあります。誰が直したんだろ?(全く記憶無し)

s-8070w005

ネジ頭の無い回路ブロックを白い文字盤の時計(8070)に取り付け

s-8090_008

8090に正常な回路を移植。新しいパッキンを嵌めたら修理完了です!

回路ブロック交換後は1日30分位遅れていたのがほぼゼロになりました。一方、ネジ頭の無い回路ブロックの方も何故か正常に動いています。不思議。
いずれにしても分解清掃するつもりだったので、後日チャレンジしてみます。

【関連記事】

(2013-12-24 /trio_change)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル