ThruNite Ti5T

ThruNiteさんからフラッシュライトを送ってもらったのでレビューしたいと思います。基本デザインはTi5と同じなので、以前のレビューと合わせて見ていただければと思います。

s-ti5t001

ケースはTi5と同じカンカンです。

s-ti5t002

取説の折り方が変わったぐらいか。スポンジの下にスペアOリングが2本入っています。

チタンボディ、LEDがパワーアップして、Ti5より1,900円高い4,995円。(amazon)

s-ti5t003

ThruNiteさんのライトはお世辞抜きに仕上げ品質がイイです。

s-ti5t007c

全長:90mm/直径:Φ14(先端)Φ15(後端)/重量:28g(電池除く)

モードはFirefly/Low/High/Strobeの4通り。テールスイッチをOFFにしてから半押しで切り替わります。または点灯状態で、先端部を捻って戻せば切り替わります。

切り替えは常にFireflyから始まって→Low→Highと切り替わり、続けて→Firefly→Low→High→[Strobe]→Fireflyと2巡に1回[Strobe]が入ります。

s-ti5t006

スイッチはフォワードクリック式。半押しでモード切替し、そのまま押し込んで使う感じ。

s-ti5t010

3大特長は、チタンボディ、1AAA、フォワードクリック式スイッチってところか。

【特徴】

  • 手触りの良いチタンボディ
  • フォワードクリック式スイッチ
  • Cree XP-L V6使用(130lm/最長使用時間120時間)
  • Fireflyから始まるモード切替
  • クリップ付きで持ち運びに便利
  • IPX-8防水性能
  • 日常用、特殊作業、屋外での非常用として、あらゆるシーンで使える

【出力とランタイム】

  • Firefly: 0.08lm/120時間
  • Low: 10lm/6.5時間
  • High: 130lm/30分
  • Strobe: 130lm/1時間

Ti5とTi5Tを比較してみます。

s-ti5t014

スイッチのボタン径が1mm細くなってます。 (Ti5T:Φ7、Ti5:Φ8)

s-ti5t015

少し重いです。(Ti5:20g Ti5T:28g)

s-ti5t012

LEDの黄身が大きくなってます。(100lmから130lmにパワーアップ。)

s-ti5t013

基板は同じかな。

s-ti5t016

サイズが同じなのでこんなこともできます。まあ一応。

s-ti5t019

近くを照らすには十分な明るさです。

スペックを比較してみました。

s-ti5t011

Ti5Tに搭載のLEDはCREE XP-L V6。Ti5のXP-G2 R5より性能アップしています。

実際の照らされ方。3m先の壁を照射してみました。 (f8、1/60、iso1600)

s-ti5t020d

左:Ti5T 右:Ti5  Ti5がスポット的なのに対し、ワイドになった感じ。

クローゼット内(約1m先)を照らしてみました。 (f8、1/60、iso3200)

s-ti5t021

左:Ti5T 右:Ti5

近くを照らすのに適した味付けになった感じです。数値では30lmアップしていますが、実際の印象は以前の方が明るく感じます。チタンの堅牢な質感は魅力的です。アルミより1,900円高いですが、一生物を所有する満足感を満たしてくれると思います。

【関連記事】

(2016-03-11 thrunite_ti5t)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル