サブフレームを作る

アルミフレームのねじれを抑え、剛性を高めるパーツを作りました。

s-subframe013

えっどれ? 3Dプリンター本体のフレーム角に付いているのがそれ。

耐震補強金具のようなものです。金属で作った方が良さそうですが、このサイズならプラスチックでも十分かと思います。3Dプリンター本体の形に合わせてデザインしました。

subframe001

水平・垂直2本のフレームをサブフレームで繋いで固定する構造。

s-subframe002

プリント速度を遅く設定してみました。ABSなのでクーリングファンはOFFで。

s-subframe003

外から見ると無垢のようで内側を格子状にできるのは3Dプリンターのイイ所。

s-subframe004

射出成形でコレを作るとすると、複雑な金型になりそうです。

s-subframe005

凹文字を入れましたが、イマイチの出来。

s-subframe006

全面をペーパーで水研ぎ。でも縞々が消えません。

s-subframe007

サフェーサー、パテの後、つや消し黒で仕上げました。

s-subframe008

これぐらいの仕上がりなら満足です。

s-subframe009

時間を掛けてデータ上で角Rを付けましたが、ヤスリで後加工するなら無駄なだけです。

s-subframe010

M4ネジと板ナットで固定します。

s-subframe011

完成。

後日増産して上の角にも取り付けました。

s-3dp_seido014

フレームの上の方を持って捻ってみると、サブフレーム有りの効果がよく分かります。

ただ、ねじれを100%無くすことは難しいです。70%減ってところです。上下対角をワイヤー等で固定すれば捻じれはゼロになりそうですが、使い勝手がどうかですね。

(2015-11-23 subframe01)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル