カブのナメたスリーブ交換

先日ドライブスプロケを交換した時、チェーン張り具合を調整した後、アクスルシャフトのナットを思いっきり締めてしまいました。

s-sprocket012

内側の大きめのナットはおもいっきり締めてはいけないのです。4-5kgでいいみたい。

s-sprocket009

完全に山が潰れてしまいました。この部品でよくやるミスのようです。

s-sprocket008

この部品を注文するついでにホイールの所のゴムダンパーも注文することにしました。

s-sleeve_hub001

リアアクスルスリーブ&ナットセット1,037円

s-sleeve_hub002

ハブダンパーセット1,501円

では分解開始。

s-sleeve_hub009

ドラムブレーキを支えている所のナットと引きしろを調整するナットを外します。

s-sprocket004

次にアクスルシャフトのナットとその奥のスリーブのナットを外せば、バラバラになります。

s-sleeve_hub006

サビサビのスプロケットはワイヤーブラシで軽く錆を落とし、グリスアップ。

s-sleeve_hub007

反対側もきれいに磨き、ダンパーが乗る部分にシリコングリスを薄く塗りました。

s-sleeve_hub004

新旧比較。古い方(左)は擦り切れています。

s-sleeve_hub005

ホイールにも薄くシリコングリスを塗っておくと、ダンパーがしっくり収まりました。

s-sleeve_hub008

ついでにシューのチェック。表面をペーパーで荒らして面取り。まだ当分使えそうです。

リアアクスルスリーブの交換は元に戻っただけですが、ハブダンパーを交換は以前よりガタツキが無くなってスムーズに走るようになりました。これはお勧めです。

(2015-09-11 /sleeve_hub)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル