瀬うき(飛ばしウキ)を作る

川釣り用の浮きを自作しました。

s-seuki014

写真では分かりにくいけど、派手な蛍光色です。

テンカラに代表される渓流釣りでの毛鉤の仕掛けは、地方によって昔から伝わるいろいろなものがあるようです。軽い仕掛けを遠くへ飛ばすために浮きを付けたら良いのではないか?という単純な発想から、即席で浮きを作りました。

削り出し

素材は12mmのバルサ棒。これをボール盤のチャックに挟み、木工旋盤のように回しながら、ヤスリや紙やすりを当てて、形を作りました。

s-seuki003

定盤の穴で回転のブレを止めることができました。

s-seuki004

短時間でたくさん作ることができます。

s-seuki005

2本目。

s-seuki006

切り離してできた、様々なウキ原型。

s-seuki007

半分に割って、錘を詰めました。1~2g程度で、重心はいい加減です。

塗装

s-seuki008

貼り合わせ後、サンディングシーラーにドブ漬けです。

s-seuki009

指でくるくる回しながらペーパーで表面をならしました。

今回は9月の大型連休で試してみたいという事情があり、時間が無いので半分を乾きの早いラッカースプレーで完成させ、残りをじっくりとカシューで塗ることにしました。(カシューでの塗り、研ぎはこちらを参照)

ラッカースプレー仕上げなので、蛍光塗料を塗って研ぎ出して派手なものを作ってみようとイメージしました。

s-seuki010

サフェーサー、白ラッカーで中研ぎした後、もう一回白で塗装。

s-seuki011

ダイソーの蛍光スプレー、赤とオレンジを吹いたところ。

s-seuki012

2コを黒で塗装して、320~600番で水研ぎしようと思います。

完成!

でも・・完全に乾き切る前に黒を塗ったので、縮んで(リフティングして)黒にひび割れができたり、指紋の跡が残ったり。(´д`ιι)

s-seuki015

上下を黒で締め、クリアを吹いて完成です。指紋も模様と考えれば、まあ良しとしましょう。

失敗例

最初、ファルカタの角材から作ったんですが、中心がずれたり、オモリがはみ出したりして、全てゴミとなりました。バルサの丸棒から作ったほうが早くきれいに作れると思います。

s-seuki001

ファルカタって削りにくいです。

s-seuki013

全てゴミ。ファルカタはバルサに似ているけど、作りにくいです。

カシュー塗りバージョン

後日、カシュー塗りバージョンも完成しました。

s-seuki017

こっちは上手くできました。

(2009-09-19 seuki)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル