インテリア・バルブ・ボトル・バルブ

セリアのインテリアバルブボトルの改造その2です。前回はこの電球瓶で「電球そのもの」を作りました。今度は「ソケットに嵌めなくても光る電球」を作ってみました。

s-seria_bulb218b

穴から入った酸素が中のマグネシウムと結合し、発熱、発光します。色温度は高めです。

んな訳ないない。[わーい(嬉しい顔)] 光源はいつものように100均LEDライト。色温度は高いです。

s-seria_bulb201

先端を捻ってON/OFFする[マイクロライト]なら、お尻側を固定するだけで作れそう。

s-seria_bulb203

細身のボディはアルミ製。 電池はLR41×4。 LEDは白色5mm弾。

s-seria_bulb204

しかし、惜しくも入りません。 瓶を削るか、ライトを削るか。

s-seria_bulb205

ライトを削ることにしました。ボール盤でボディを回転させながらヤスリを当てます。

s-seria_bulb206

ヤスリ→耐水ペーパー、最後はコンパウンドで仕上げました。お尻はカットします。

s-seria_bulb207

以前に買った銀色の口金(本物)を使います。白LEDのまま、クールなイメージで。

s-seria_bulb209

瞬間接着剤で固定しました。先端をねじってLEDを点けてから瓶に締め込みます。

s-seria_bulb210

出来た~!けど何か面白くない。何かキラキラしたものを詰めてみますか。

s-seria_bulb213

色々試した結果、プチプチ(緩衝材)を細かく切ったものが良さそうです。

s-seria_bulb217

瓶の中で動かないぐらいの量を詰め込みます。

s-seria_bulb214b

クールな輝きがイイ感じです。

【関連記事】

(2015-05-04 seria_bulb2)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル