ロケットサイクロンストーブ・ミニ燃焼テスト成功!

焚き口を太く、横向きにすれば煙突の下に炎を持ってくることが出来る。そうなればすぐにヒートライザーが加熱されて上昇気流が発生するだろうとの読みでした。そしてもうひとつがサイクロンの羽根です。これは気休め程度の働きしかしないだろうと思っていたのですが・・・

s-mini_rkt214

煙突の下の方に羽根を取り付けました。

s-mini_test005

狙い通り煙突の下で炎が上がり、下から空気を取り込んで良く燃えます。

s-mini_test001

炎が煙突の上昇気流に引っ張られている感じです。

s-mini_test002

サイクロンで炎が渦巻いています!!

s-mini_test003

そして煙突の先端から炎が突き抜けました!!!

s-mini_test006

ガンガン燃えます。これなら大成功と言っていいでしょう。

やかんを忘れてお湯を沸かす実験はできませんでしたが、この火力なら短時間で沸くはずです。 ほとんど期待していなかったサイクロンの羽根がちゃんと機能していたのは意外でした。

続きは「ロケットストーブ」カテゴリーから御覧ください。

(2014-07-01 /rcsm_test)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル