ラクーンコンポ・リチウムイオン化改造1

ラクーンコンポのバッテリーはニカドです。これをリチウムイオンに交換したいと思います。

s-btind002

単2サイズのニカド(1.2V)が20個直列に並べられています。容量は3Ah。

ニカドを二水に交換するのはそれほど難しくありませんが、リチウムイオンに交換はあまり見聞きしません。ならばここは一つチャレンジ!

s-rcbt001

Aliで買った24Vパック。18650が6直3並で18本並べられています。容量は6Ah。

s-rcbt001b

出力用の赤黒コードだけでなく、充電ポートからも23.8V出ていました。

ケース内に収まるのは確認済み

s-rcbt002

こんな感じで18650を並び替えて、細長い形にしてやろうと思います。

s-rcbt003

体積は減りますが、容量はニカド3Ahに対しリチウムイオン6Ahと倍増します。

早速バッテリーパックを分解

s-rcbt004

PVCの青いフィルムを切ってみると、紙テープで巻かれた電池パックが出現。

s-rcbt005

充電・保護回路基板が出て来ました。

さらに紙テープを剥がすとタブが出現。

s-rcbt007

3本並列に繋いで、扇子状に畳んで、6直列に繋がった状態。

s-rcbt006

こちらは反対側。セル同士は接着剤で固められています。

細長く並び替え

s-rcbt008

マスキングテープで絶縁してから、接着剤をカッターで裂きました。

s-rcbt009

シートが切れた所はビニルテープを貼って絶縁。パタパタと電池を並べ替えます。

s-rcbt010

タブの部分もしっかり絶縁して、コードを一旦切断。

s-rcbt011

セルをテープで固定し、コードを繋ぎ直します。

s-rcbt013

全体をマスキングテープで巻いて、細長い24Vバッテリーパックが完成です。

ラクーンコンポのバッテリーパック詰め替えについては、またあらためて。→こちらです。

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル

『ラクーンコンポ・リチウムイオン化改造1』へのコメント

  1. 名前:電子工作好き 投稿日:2016/11/05(土) at 02:35:36 ID:8ec4e58c7 返信

    こんばんは~

    充電池の中身って、こういう具合に接続されているんですね。
    既製品の中身も案外と手作り感が有りまくりな内容なので、
    きっと家内制手工業的な方法で生産されているんだろうな…と思えました。

    ところで充電池を組み直した後の各電極の接続方法は、どういう風に行っていますか?
    例えば、新しく銅板辺りを細長く切ってハンダ付け…辺りですか?
    それとも製品から取り外した接続板を良くクリーニングし直して再利用とかですか?
    又、充電池の電極って、ハンダで良く付けられる物なのですか?
    (ここら辺のノウハウに凄く興味が有ります)

    • 名前:oink! 投稿日:2016/11/05(土) at 11:14:47 ID:50183eaaf 返信

      電子工作好きさんこんにちは。
      以前youtubeか何かで見たんですが、セルと金属の板を重ねて、2本の細い電極に押し付けたら、パチっと溶接される機械を使っていました。量産用と言うより個人向けの機械ですが、ああいうのがあるといいなーと思いました。

      このバッテリーでは基板と-が金属の板で繋がれていたんですが、真ん中で切って、太めのコードでハンダ付けしました。フラックスを塗ってハンダを乗せるだけです。薄い金属なのですぐに付きますよ。