PSX 【Personal Server X】クーリング

このatomボードはファンレスでも使えるはずなんですが、風通しの良い状態でないとかなり熱くなります。今回はファンレス・静音PCを諦め、ボード付属のファンを取り付けることにしました。

s-psx503

ヒートシンクの半分だけファンが乗る苦肉の策。

PCを立ち上げた時点では45℃ぐらいですが、ケースのふたを閉めるとあっという間に80℃ぐらいに上がってしまいます(coretempで計測)。真夏の使用を考えるとやはりファンが付いていた方がいいはず。でも手前のDVDドライブが邪魔してヒートシンクの上に半分しか乗りません。

s-psx501

この状態でフタをしてファンを回しても大して冷えません。(70℃が精一杯。)

s-psx506

前側のDVDドライブの方から風が流れるようにダクトを作ることにしました。

s-psx502

1mmのアルミ板をバイスに挟んでゲンノウで叩いて製作。

s-psx504

さらに元々PSXに付いていたケースファンも回すことにしました。

s-psx505

7V仕様のファンですが、5Vコネクターに繋いで、ゆっくり回します。

2つのファンによる冷却効果は中々のものです。ファンの音はほとんど聞こえない上、50℃台で安定しています。

s-psx507

風は両脇のカバー合わせ目を通ります。左から入って右から出て行きます。

s-psx509

PSXは後側にゴム脚が付いていて縦置きでも使えます。

s-psx508

ポートが少し奥にあるのはコードが床に当たらないように考えらているようです。

PSXの筐体にPCを詰め込むというプロジェクトはこれで一応完了です。(ケースの前蓋の中にスイッチやUSBポートが付けられますが、使う予定がありません。)

【関連記事】

(2012-03-31 psx5)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル