PSX【Personal Server X】スイッチ、LED取付

マザーボードとフロントの基板をつなぎ、PSX本体のボタンで操作できるようにしました。

s-psx409

LEDは青とオレンジ。ここまでできれば完成は近い。

PSXの前面にはスイッチ基板が2つ付いています。このスイッチの根元にコードをハンダ付けし、マザーボードと接続します。LEDはチップなのでハンダ付けが大変です。これは取り外して同じ位置に穴を開けることにしました。

s-psx401

タクトスイッチはそのまま使いますが、チップLEDは3mm弾に交換します。

s-psx403

LEDの頭を短くカットしてスイッチとのクリアランスを合わせました。

s-psx404

ON/OFFとリセット、HDDアクセスランプが繋がったところ。

続いてDVDドライブのスイッチとLEDに電流が入る部分からコードを引き出します。

s-psx405

フレキフラットケーブル、ニクロム線、導電性テープを仕様。(前作の手順はこちら

s-psx406

引っ張られて線が切れないようにテープで固定しました。

s-psx407

基板の裏に接続ピンをハンダ付け。オレンジのLEDは100均のランプから移植しました。

s-psx408

ボディにアースされるとおかしな動きをするので、ネジの所をテープで絶縁しました。

s-psx412

ピンクのLED。隣のDISC RECとリモコンの窓も何かに使えないかな。

s-psx410

全てのLEDが点いた瞬間。

とりあえず普通に使える形になりました。あとはファンレスだと熱がこもるので、これを何とかしたいと思います。

【関連記事】

(2012-03-02 psx4)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル