PSX【Personal Server X】M/B取付

PSXから取り出したフレームを加工してマザーボードが取り付くようにしました。これにOS入りのHDDを繋いで、電源を入れると問題なく起動しました。

s-psx206

上カバーを被せても動きましたが、予想以上に熱くなります。

PSXのフレームはH形で、製品ではその上下に基板やHDDなどが固定されています。このフレームに直接マザーボードを固定すると、高さ方向が収まりません。そこでボードをケースの底に近いところで固定する方法を考えることにしました。

s-psx200

イメージを確認中。横方向は余裕で収まります。

s-psx201

グラインダーに切断砥石を付けて、ガッポリと切り取りました。

s-psx202

剛性がなくなってしまったので、切り取った板金の余りをビス止めして補強しました。

s-psx203

アルミLアングルを組合わせ、ボードが底蓋の内側ギリギリに来るように、取付けます。

s-psx204

アルミLアングルにネジを切って六角スペーサーを取り付けます。

s-psx205

マザーボードを六角スペーサーに固定。よ~し、上手く行った。

s-psx207

ボードにハードディスクとACアダプターを繋いで、起動実験中。よっしゃ~OK。

【メモ】

  • フタをすると80℃ぐらいになるので、ファンレスで動かすのは無理っぽい。
  • CPUファンを取り付けるとDVDドライブが入るか微妙です。
  • HDDは省エネタイプの2.5インチにしました。もう1台乗せるスペースはありそう。
  • PSXに付いていたケースファンは7V仕様。これを5Vで緩く回そうか。
  • OSはXPをAHCIモードで。この部分はn-LiteでカスタムCDを作りました。

【組み込んだパーツ】

  • マザーボード:Zotac ion-itx
  • メモリ:DDR6400 1GB*2
  • HDD: 日立 5400r.p.m 500GB

【関連記事】

次はスロットインドライブを納めます。

(2012-02-10 psx2)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル