鬼キャン掃除機

以前修理した掃除機ですが、ふと見たら鬼キャン仕様にカスタマイズされていました。

s-camb001
カッチョイイ~(んなわけない。)

一応おさらいすると、「鬼キャン」というのは車のホイールのキャンバー角をわざとハの字に大きくする改造のこと。これって、日本独自の文化なんですって?

s-camb002
左下の軽は動画を見るとこれで普通に走ってるからびっくり。 (google画像検索より)

で、掃除機ですが、タイヤが外れやすくなっています。(汚くてスイマセン。)

s-camb003

外側から嵌めてあるだけなので、引っ張ったら簡単に外れてしまいます。

s-camb004

本体側は軸穴の上の方が破れる寸前まで擦り減っています。

s-camb005

新品の時はΦ16の真円だったみたいです。

s-camb006

t1のABS板をバーナーで炙って円弧状に曲げたものを接着しました。

s-camb007

はみ出た部分をカットし、端の段差をヤスリで削ります。

s-camb008

シリコングリスを塗って組付け。だいぶ良くなりました。

タイヤの抜け止の爪が擦り切れて本体に留まらなくなるまで頑張ってもらいます。

(2014-09-15 onicamb01)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル