車載ワンセグ用アンテナをいろいろ作る

車でワンセグを見てますがアンテナの立ち具合がいまいちです。そこでアンテナをいくつか作って実験してみることにしました。車で使っているワンセグとはポータブルナビのMAPLUS E-100MP-BKEです。オプションで外部アンテナが用意されていますが、これを買って付けるのも面白くないんで作ってみることにしました。

s-IMG_5608

こんな状況がしばしば

アンテナについてネットで調査

ネットでアンテナについていろいろ調べてみると設計の方法が何となく分かってきました。

  • アンテナの種類:ダイポールアンテナ・ロッド(ホイップ)アンテナ・ループアンテナ・八木アンテナ・マグネチックループアンテナ・ヘリカルアンテナ・双ループアンテナ・・・・等々
    そして、ヘンテナ。
  • アンテナの素材は電気を通すものなら何でも良い。
  • アンテナの長さは波長[λ]に関係していること。
  • 地デジ(UHF)の波長は東京の場合、下は東京MX 20ch 515MHz(中心)、上が放送大学 28ch 563MHz(中心)。でも放送大学を見ることはほとんど無いので、これを除外すると、その下がNHK総合 27ch 557MHz(中心)。
  • 20~27chの中心は(515+557)/2=536。 つまり536MHz周辺の電波をキャッチするアンテナを作れば良いということになる。
  • 波長[λ]は300/周波数(m)とのことなので、536MHzの場合、300/536=0.5597m(約56cm)ということ。

4種類作ってみます

簡単に作れて、UHF波に使えるアンテナをとりあえず4種類作ってみて、試すことにしました。本体につなぐケーブルは以前、室内視聴用に作ったもの(MMCXコネクタ付き)を使います。

【1.ダイポールアンテナ】

アンテナの基本だとか。λ/4=140mmの長さの金属棒2本で構成。針金だと、ぐにゃぐにゃしそうなので3mmのアルミ管を使いました。アルミ管をつないでいるのは5mmの透明ABSパイプ。穴が丁度3mmなのでピッタリ合いました。中心には5mmの穴が開いた吸盤を取り付けました。垂直方向にも穴が開いている吸盤なので、ここからコードを出す形にしました。アンテナの長さは計算より少し短いほうが良いらしいので、短くするかもしれません。

s-IMG_6226

フロントガラスの上の方に付ける予定。これできれいに受信できれば手軽で一番いい。

s-IMG_6220

ケーブルをハンダ付けするために1.6mmの銅線をカシメ、ヤスリで削りました。

【2.ヘンテナ

 ネットで調べていたら、偶然見つけたアンテナです。なんか変わった特性があるらしく面白そう。利得が高いので、映りが良さそうです。

s-IMG_6224

右後の窓に取り付ける予定。一番性能に期待しているアンテナです。

各辺の寸法は長辺:λ/2(=280mm)、短辺:λ/6(=93.3mm)、左端とビニール線の出ている棒の間隔:λ/10(=56mm)です。

s-IMG_6217

コーナー部材はアルミの針金をボール盤のチャックにはさんで、ヤスリを当てて作りました。

s-IMG_6219

ヤットコで90度に曲げれば出来上がり。

s-IMG_6221

たたいて、丸めて、銅線をカシメて・・・

s-IMG_6222

ハンダ付けしたビニール線を穴に通します。

s-IMG_6231

360度動かせるコレか、吸盤2コで固定しようと目論んでいます。

【3.ロッドアンテナ】

 指向性が無いので、車には都合が良いのですが、屋根の上に付けるのはちょっとメンドクサイ。市販のものは屋根に磁石で取り付け、GND(網線)を車体に流しているとのことです。ダッシュボード上に置いて、網線を車内のどこかにアースを取ってみたらどうなるか、試してみようと思います。また、携帯電話のアンテナが出てきたので、これも試してみます。

s-IMG_6229

λ/2(=280mm)、λ/4(=140mm)のアルミ管と古い携帯のアンテナ

【4.ループアンテナ】

 以前作ったAM用とは方式が違うらしい。3mmのアルミ針金で作ってみました。周560mm(=1λ)で直径178mmになります。ダッシュボードの上か天井前方に貼り付けて使うことを想定しています。円盤状の台座を回転させて電波の方向に合わせて使うイメージです。

s-IMG_6233

円く切ったABS板に穴加工。針金に導電性テープを貼って、ビニール線をハンダ付け。

同軸ケーブルを作る

ヘンテナを調べていたら、ケーブルにシュペルトップ(バラン)というものを付ける、とあったのでこれを作りました。ヘンテナに限らず、平衡(電気的に対称)なアンテナを同軸ケーブルに接続するために必要とのことなので、他のアンテナにもコレを使います。

s-IMG_6238

同じケーブルから網線を取り出し、95mm(λ/4×0.68)外皮に被せてハンダ付け。

s-IMG_6241

ワニ口クリップをハンダ付けし、スミチューブを被せて完成。

どれが一番使えるか? 後日テストして、結果を報告します。
↓ ↓ ↓

こちらにテスト結果を載せました。

【購入材料】

  • 3mmアルミ管(1m)×2 105円×2(コーナン)
  • 5mm透明ABSパイプ(1m) 135円(コーナン)
  • 3mmアルミ針金(2.1m) 105円(ダイソー)
  • 吸盤2コ入り 98円(コーナン)
  • プライスホルダー 105円(ダイソー)

(2009-11-09 one_seg)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル