ラジカセ風MP3プレーヤーを作る

DXで$8(620円ぐらい)で買ったヘッドフォンプレーヤーがあります。そのままでも十分使えますが、これにアンプとスピーカーを付けたMP3プレーヤーを作りました。

s-mp3p13

無印良品にありそうな感じ?

素材となるのはMP3プレーヤーの他にUSBスピーカーとプラスチックケースです。

s-mp3p00

アンプは写真のUSBスピーカーではなく、これよりも少し良質なモノを使いました。

ケースの作成

s-mp3p01

まずはケースを切断して、コンパクトな細長い形に変更します。

s-mp3p02

接着剤で繋ぎ合わせると後側の出っ張りが脚となって、うまい具合に自立します。

s-mp3p03

継ぎ目をポリパテ均したら、地道に穴をあけていきます。

s-mp3p05

肉厚で操作部が奥まってしまうので、ココを作り直して差し替えることにしました。

s-mp3p06

ポリパテ、水研ぎ後、サフェーサーを吹いてケース下地が完成。

s-mp3p07

ボス、リブを追加。雨どいのジョイントやタミヤの電池接点を利用しました。

プレーヤー、アンプの組み込み

s-mp3p08

たった$8でLCDが付いて、録音もできます。シャッフル再生できないのが惜しい。

s-mp3p09

アルミのケースから取り出した状態。

s-mp3p10

この小さいリチウムイオン電池では30分ぐらいの再生が限界です。

アンプはこの基板を使います。スイッチとボリュームの位置を変更しようと思います。

s-mp3p17

基板を切断してコードで繋ぎました。電源はニ水3.6Vでアンプとプレーヤー共用します。

s-mp3p12

横に取り付けたアンプのスイッチを入れれば、プレーヤーもONになる配線。

でもなぜかプレーヤーのICが熱々になるんです。この理由がよく分からず、結局Ni-Mh3本でアンプのみ鳴らし、プレーヤーは元のLi-ionで動かすように変更しました。

完成

s-mp3p14

プレーヤーの電源は操作キー長押しでON/OFFできますが、使い勝手はイマイチです。

s-mp3p15

プレーヤーのLi-ionはUSBから充電します。

s-mp3p16

大きさはこんな感じ。
電池3本で全てを動かし、さらに横のUSBポートから充電して使えるようなモノをイメージしていたんですが、今回はそこまでできませんでした。・・・改良は続きます。>こちらです。

(2011-10-18 mp3dxplus)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル