MagiCool(12Vファン)改

MAGICOOLというのは4年前に買ったDC12Vの扇風機です。この製品の欠点は分解しないとガードが外せない事と、スイッチが操作しにくい事。この2点を使い易く改造しました。

s-magi206

バラバラに分解し、4年分の汚れを落としました。

まずはモーター後側のキャップを外してみました。使われていたのは直径36mmのモーターで、パラパラとカーボンの黒い粉が散って机が真っ黒になってしまいました。

s-magi215

ここはエアで吹き飛ばして清掃完了。

s-magi202 続いて後のネジを全てはずし、ハウジングをバラします。

ファンガードが外せるように改造

s-magi205

ファンのガード(カバー)は接着されていたので、慎重に開いて外して行きます。

s-magi207

半円柱を2つ合わせて軸受けに通す構造なので、カバーだけを取り外すことができません。

s-magi208

そこで、この部分を切り取って、前カバーだけ外せるように改造します。

s-magi209

切り取った軸の半分を後カバーに接着。

これで前カバーだけを外せるようになりました。

s-magi216
このままガードなしでも使えますが、一応テープで(クッキーの缶のように)留めました。

スライドスイッチの分解

もう一箇所、スイッチ接点の接触状態が悪かったので、ここもメンテすることにしました。

s-magi210

スイッチはグシグシしないと上手く通電しない状態です。

s-magi211

バラバラにして556で磨いて組み直したら、イイ感じに直りました。

ツマミを摘み易く

s-magi201

あとはここのツマミが動かしにくいので改良します。

s-magi213

t5のABSの板を接着して作りました。

s-magi217

こりゃ~使い易い!摘んで操作できるようになりました。

だいぶ使い易い扇風機になりました。ただ、元々精度が悪いので、カタカタうるさいです。羽根を回転させながらヤスリを当ててみたけど、何も変わらないですねぇ。

(2015-08-10 magicool_kai)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル