LED電球のLED交換

ソーラーパワーで光らせている12V用LED電球のLED部分を交換しました。目的は光色を昼光色(6-7000K)から白色(4000K)に変える事です。

s-led12v_bsrp004

中華LED電球はバラバラになるので弄るのが簡単。

以前のLEDの色温度は6000ケルビン位でしょうか。真っ白で眩しいです。

s-LED6jo07

これをもう少しマイルドにしたいと思います。(写真は2011年の様子)

s-coolwhite

真っ白で眩しいLED電球のスペックは5W・460lm・Cold Whiteです。

s-led12v_bsrp011

交換用に4000Kと謳ったLEDを阿里で買いました。50個で$5ほど(1個12円)。

s-led12v_bsrp006

付いていたLEDを外し

s-led12v_bsrp008

買ったLEDをハンダ付け。何故か+-逆だったので中心のコードを付け直しました。

s-cheap4000k

これが4000K?何か嫌な色。レモンイエローな感じです。

この色に満足できず、買い直しました。今度は台湾・EpistarのLED。

s-led12v_bsrp010

50個で$10ほど。(1個24円)。電気を通す前で既に黄身の色がだいぶ違います。

s-1wx5pcb002

後から発注した1W×5個用の基板も届きました。

s-1wx5pcb003

LEDの裏に熱伝導グリスを塗ってからハンダ付けします。電球6個分が完成。

s-epistar4000k

もう少し赤みが欲しいところですが、パワーLEDとしてはまあまあかな。

【LEDの違いによる色味の比較】

s-LED3kk-7kk

左上:Warm White 右上:Natural White 左下:Piss? White 右下:Cold White

経験的に感じるのはパワーLEDの色はSMDの色より劣るということ。安くて良さそうなSMDのLED基板を見つけたら、また買ってみようと思います。

(2015-04-13 led12v_bsrp)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル