ランチャーアンプ

ランチャー9のアルミボディに3W+3Wのステレオアンプを詰め込みました。

s-lanc_amp014

アルミボディと網目ローレットがイイ感じ。ボリュームの操作感もGOOOOOD!

☆ まずはLauncher Ampのイメージビデオをどうぞ ☆


アンプはNFJさんのSMDアンプ(キット)です。チップを自分でハンダ付けして作ります

s-lanc_amp005

お世辞にも上手なハンダ付けとは言えませんが、アンプとしての機能は問題なしです。

s-lanc_amp006

t3のベーク板を円く切って小型の2連ボリュームを固定します。

s-lanc_amp007

アンプ基板とボリュームを一体化する基板。(この写真では1ヶ所パターンミスあり)

s-lanc_amp010

ASSYが完成し、音出しのチェック。OKです。

続いてケースを作っていきます。

s-lanc_amp001

セリアで買ってきたランチャー9。(テールスイッチは2つ必要です。)

s-lanc_amp002

2分配アダプタでサイズが小さいもの。(ダイソーで購入)

s-lanc_amp003

2分配アダプタから細身のステレオミニジャックが2つ収穫できます。

s-lanc_amp004

2.1×5.5DCジャックで電源供給(5V)します。

s-lanc_amp011

キャップを加工して、コネクターとボリュームツマミを作ります。

s-lanc_amp012

前側から基板を押し込みます。ボリュームツマミは市販品を接着。

s-lanc_amp013

テール側のコネクタをハンダ付け。

s-lanc_amp015

コネクターはキツキツで、太いプラグは厳しいです。もう少し簡素化したいところ。

コネクターの所にスピーカーを埋め込むとか、コイン電池を内蔵するとか、他にも色々アイデア展開できそうです。

(2014-07-21 /l_amp)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル