バッテリーパック作り

6年以上使った電話機子機のバッテリーが寿命のようです。バッテリーのラベルを見るとニッケル水素3.6Vということで、3本直列につないであるみたい。よし作ろっと♪

s-koki_batt013

自作電池パックの中身はVolcano3本。容量は純正品の600mAから750mAにアップ。

子機は常時充電台に置いているので充電されているはずなんですが、液晶画面には充電してくださいと表示されます。

s-koki_batt001

何時間充電台に置いてもこの表示は変わりません。

s-koki_batt002

試しに別の子機と入れ替えてみると、やはりNG。バッテリーが寿命のようです。

s-koki_batt003

NGのバッテリー電圧は3.87V。中古で買った子機なんで何年目かは不明です。

s-koki_batt004

問題ないほうのバッテリーは4.06V。こちらは新品から6年経過しています。

s-koki_batt005

サイズはどうかと並べてみると・・・単4サイズ!

単4のNi-MHが使えるということが分かったので早速自作します。

電池にハンダ付けはあまりよろしくないですが、長時間熱を加えないようにすれば大丈夫でしょ。

s-koki_batt006

シュリンクフィルムを剥がしました。

s-koki_batt007

調べてみると、タブにハンダ吸い取り線を使うといいみたい。ハンダメッキ完了。

s-koki_batt008

フラックスを塗って電池にハンダを付け、上にタブを置いて加熱。意外と短時間で付きました。

s-koki_batt009

寿命が来たバッテリーのコネクターを再利用します。

s-koki_batt010

元のバッテリーと同じようにテープで留めます。

s-koki_batt011

この時を待っていました。ダイソーの物干しさおカバーで電池パック作り。

s-koki_batt012

ブカブカだったカバーですが、ドライヤーで加熱すると意外としっかり縮みます。

電池の性能が上がって、しかも安くて簡単となれば言うこと無し。一番怖いのは電池から火を噴くことですが、一週間経っても異常無しなので、まず大丈夫だと思います。

(2014-08-18 /koki_batt)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル