犬LED2.2

朝夕の薄暗い時間の犬の散歩は犬と飼い主の間に自転車などが突っ込まないかと心配です。そういったアクシデントを避けるため、リードに点滅ライトを付けています。

leadled22

3Dプリンターで作ったリード取付け型点滅ライト。赤青の点滅がお気に入り。

ベースとなるのは3年ほど前に作った点滅ライトです。これの先端のシェード(小瓶の中栓)を3Dプリンターで作ったら良くなりそうと思ったのが今回作るきっかけ。

s-inuled204

100均ライトのLEDを自己点滅LEDに交換したもの。電源はLR44・3個。

ネジネジを光らせたい

当初のアイデアはネジネジ部が光ればイイな~ということで、こんなのを作りました。

s-leadled211

透明ABSで作ったつる植物のような物体。

s-leadled213

しかし、イメージしたようにネジネジ部全体が光りませんでした。

ガッチリ固定タイプ

上側がリードからすぐに外れるので、がっちり留まるように形を変更しました。

s-leadled201

こんな形にしたんですが、コレをプリントするのが難しい。

s-leadled202

この方向だと、途中でサポートが外れて、失敗します。

s-leadled203

向きを逆にしてみましたが、コレも上手く行きません。

s-leadled204

横にしてみると、今度はネジネジの作り始めで外れてしまいます。

サポート材に工夫

ということで今度はサポート材を含めてモデリングし、プリントしてみます。

s-leadled205

0.4mm厚で作った柱をプリント後にカットする方法で。

s-leadled209

上手く行きました!(なぜかt0.4の柱が網目になりましたが、結果オーライ)

s-leadled210

不要な部分をカットして、ヤスリで整えれば完成です。

leadled20

イイ感じなんですが、耐久性が悪いです。取り付けた翌日にはもう折れていました。

改良が続きます

ということでまた改良。

s-leadled207

今度はネジネジが本体からはみ出ないように短くして、力が加わり難くしました。

そして出来上がったのがコレ(一番上の写真と同じ)です。

leadled22

でもコレも耐久性はイマイチで、数日で足が折れてしまいました。

この後も色んなバリエーションを展開してみましたが、ネックとなるのは耐久性の無さです。ゴムライクやPP、ナイロンなら長持ちしそうですが、どうですかねぇ。

(2015-12-25 inuled22)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル