iMad-液晶化

iMacのCRTは15インチですが15インチのLCDに交換すると外周の表示がフロントカバーで隠れてしまいます。この問題の解決が今回のポイントです。

s-imad_lcd00

液晶パネルとフロントカバーの隙間はプラ板で埋めます。

用意した液晶パネルはsharp製の15インチディスプレイです。12VのACアダプターで動くタイプの製品なら電源の供給も簡単だろうと思い、これをオクで買いました。

s-imad_lcd01

パネル縁のマスクが剥げています。どうせフロントカバーで隠れるから、まあいいか。

s-imad_lcd02

取り出したパネル。下にある邪魔な出っ張りはグラインダーで切断します。

s-imad_lcd03

カバー側の干渉している部分を切断します。

s-imad_lcd04

樹脂が劣化して折れやすくなっています。

s-imad_lcd05

ピッタリはまりました。

iMacのCRTは3次曲面なので平らなLCDに交換するとフロントカバーとの間に隙間ができてしまいます。ここを綺麗に処理するため、樹脂板を切って埋めることにしました。

s-imac_crt

CRTの表示範囲は13.8インチ。狭い!15インチのLCDを付けるのは手間が掛かります。

s-imad_lcd11

まず、LCD表示面積ができるだけ広くなるように表面のカバーの壁をヤスリで削ります。

s-imad_lcd08

透明のカバーに面が合うように内側のカバーに樹脂板を貼り重ねます。

s-imad_lcd06

樹脂板はホームセンターで入手できるABS板。これは使える素材です。

s-imad_lcd07

3枚重ねたらフロントカバーに面が合いました。

s-imad_lcd09

ネジボス、リブを接着します。ボスの根元はABSの粉でプラリペア。

s-imad_lcd10

パネルとの隙間に貼り付けた板はLCD表示面積を稼ぐために外に向けて削りました。

s-imad211

経年で変色しています。これを新品に近い色(ホワイトプラサフ)で塗装しました。

s-imad_lcd12

アルミ板で作った留め板4コでフレームに固定すれば、LCD化完了です。

【関連記事】

(2012-05-07 imad_lcd)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル