銀卓ロケットサイクロンストーブ

ボディはコーナンで入手した「ペール缶ミニ(1.5L)」です。煙突にはΦ60のエアコン洗浄スプレーの缶、焚き口は以前のストーブから取り外したΦ83のパイナップル缶を使います。

s-takrock001

作り方は20Lペール缶を使ったストーブとほとんど同じ。ミニチュアを作る感じです。

s-takrock002

自作缶切りで煙突穴を開け、ハンドルをネジ止めしたところ。

s-takrock003

下の缶の横に焚き口の穴を開けます。

s-takrock004

焚き口を外側から穴を通した後、針金で縛ります。

s-takrock005

底にパーライト充填用の穴を開けました。

s-takrock006

このストーブにも煙突の根元にサイクロンファンを取り付けます。

s-takrock007

上下の缶をネジで止めて、煙突を入れ、焚き口の網をニッパーで切ったら本体が完成。

s-takrock009

パーライトの充填が完了。この小さいストーブでも3Lほど必要でした。

s-takrock010

円く切った薄板(ペール缶のフタ)でフタをします。

s-takrock011

このΦ100の缶(2号缶)でゴトクを作ろうと思います。

s-takrock012

ディスクグラインダー、金バサミで切って、曲げて、耐熱塗料を吹きました。

s-takrock015

これまでに作ったロケットストーブが勢揃い。

s-takrock016

一応卓上で使えます。試しにMDFのゴミを燃やしてみました。(上に換気扇あり)

s-takrock019

今度はキッチンで材木を燃やしてみました。 (ヤバイ!火事になりそう。)

燃やした赤松材のヤニなのか、缶のコーティングなのか、黒い煙が結構凄い!

ヒートライザーが短い分、引きが弱い印象です。それと焚き口がもう少し長いほうが良さそうです。でもまあお湯を沸かすことは出来たので、一応合格ってことにさせてもらいます。

続きは「ロケットストーブ」カテゴリーから御覧ください。

(2014-07-14 /gintak)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル