フレキクリップライト

100均素材で作ったフレキシブル・クリップライトです。電源はUSB5V。一番の売りは先端部でライトのON/OFFができることです。

s-flexled013

オール金属で元が100均素材とは思えない高級感。

ボール盤の手元を照らすためにこれを作りました。今まではボタン電池式の100均クリップライトを使っていましたが、暗いし、スイッチが固くて使いにくいし・・・。

s-flexled014

電源はここまで引いている12VソケットにUSB充電アダプターを介して取り込みます。

ベースとなるのはUSB LEDライトです。スイッチが無い事と、あまり明るくない点を改良したいところ。(グリーンオーナメントからスイッチ付き2LEDの新製品が出たらしいです。)

s-flexled003

先端はプラスチック製。ここがちょっと安っぽい。

s-flexled004

両端をねじったらぽろっと取れました。接着剤が塗られた部分(15mmほど)を短くカット。

s-flexled001

LEDライトはアルミボディで、ひねるとスイッチが入るこの商品を使うことにします。

s-flexled002

LR41を4個使った[マイクロライト]。結構明るいです。

s-flexled005

固定用のクリップは道具箱にあった一般的なもの。

s-flexled006

フレキパイプの固定に自転車チューブのバルブが使えそう。

s-flexled007

短く切って固定用金具として利用しました。ここが今回一押しのアイデア。

s-flexled015

ライトのお尻に5mmの穴を開けてフレキパイプをねじ込みます。

s-flexled008

LEDはセンターマイナスだったので、ボディがアースになるよう逆向きに入れ直します。

s-flexled009

USBケーブルをフレキパイプに通し、プラスマイナスそれぞれハンダ付け。

s-flexled010

LEDに20mA程流れるように、抵抗は100Ωを取り付けました。

s-flexled011

完成。クリップが土台としても使えます。

s-flexled012

こんな風にピンポイントで照らしてくれます。

(2013-04-26 flexled)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル