スピーカーエッジ交換修理

ベトベトで穴があいたまま使い続けていたスピーカーのエッジを交換しました。

s-edge015

交換を思い立ってから実行するまで早4年・・・やっと買った時の状態に戻りました!

交換前のボロボロ・ベトベトのエッジはこんな状態です。エンクロージャーは30数年、スピーカーはFOSTEXに交換してから10数年経っていると思います。

s-edge002

4年前よりも、穴が2つ増えました。

エッジはシリコンシーラントとニット綿を使って自作できるみたいですが、ウレタンエッジが安く手に入ったのでこれを使うことにします。

s-edge001

また数年でベトベトになるのかな。2回目交換するかどうかはその時考えます。

交換作業開始

s-edge003

まずはスピーカーユニットの取り外し。

s-edge004

指でバリバリ(というかネチャ~)とエッジを崩しました。

s-edge005

ゴムのリングを外してきれいにします。紙のガスケットみたいのは付けたままにしました。

s-edge006

裏のベトベトをデザインナイフで削った後、綿棒に除光液を付けて落とします。

s-edge007

エッジを仮組みしてみたら少し大きいのでデザインナイフで切りました。

s-edge008

裏側に木工用ボンドを筆で塗ります。

s-edge009

コーン紙裏とエッジ内側が接着されました。右は交換前のエッジ。

s-edge010

パレットナイフでめくりながら木工用ボンドをたっぷりと。

s-edge011

ゴムのリングを嵌めてスピーカーの自重で圧着します。

s-edge012

ゴムのリングの裏に接着剤を塗って、もう一度裏向けて貼り付ければ完成!

エンクロージャーも修理

続いて10数年ずっと放置していた、元々のDENONスピーカーのネジ穴を埋めます。

s-edge013

エンクロージャーに元々あったネジ穴にはABS丸棒を詰めました。

s-edge014

その上からシリコン(バスボンド)を詰めて穴埋め終了。

完成!

s-edge016

老化した耳でも音が良くなったのがはっきり分かります。

(2013-12-02 edge)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル