アールズハウスVer.3

Ver.3ということは1、2があるわけですが、その基本構造はパイプ(イレクター)のフレームに布製のカバーを被せるというモノです。

s-IMG_7967

最初に作ったのは毛布製。冬はいいけど夏は使えません。(Ver.1)

s-r14

夏用にと園芸用の不織布でカバーを作りました。(Ver.2)

旧バージョンは見ての通り柵がないので出入り自由です。先日犬の躾についてトレーナーの方から話を伺ったんですが、ハウス(クレート)でじっとしていられるようにトレーニングすると良いとのこと。早速ハウスを金網付きにリフォームすることにしました。

s-rh301

ダイソーのワイヤーネット。色んなサイズがありますが、どれも100円です。

s-rh302

ネットを固定するための小物。左のパーツは使いませんでした。

s-rh304

イレクターを繋ぐためのジョイントパーツ。

まずはジョイントパーツをノコで切断し4つにしました。

s-rh305

金網の四隅が同じ高さになるようにコレを使います。

s-rh306

パイプの上下にこれを通し、結束バンドで網を固定していきます。

s-rh307

こんな感じでケージ風に囲っていきます。底面と背面は取り付けていません。

s-rh308

中で暴れたら脱走できるかもしれませんが、そういう事はしないと思います。

s-rh310

カバーを掛けてみました。扉の上部がカバーに掛かって開けにくいです。

s-rh313

扉をグラインダーで2マス分短くカットし、金具を取り付けました。

s-rh312

金具と言っても3mmのアルミ針金を曲げただけです。でも強度は十分。

s-rh316

金具は上下2箇所。チョットやソットでは外れません。

s-rh315

完成! 上の布に引っ掛かることなく開閉できます。

s-rh317

おやつまだ~?

アールは嫌がらずに自分からハウスに入って行くようになりました。そしてじっとおとなしくしています。どうやらリフォーム大成功のようです。

【改良の履歴】

(2013-08-26 /earls_house3)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル