アクセルを軽くする

E46(318i)のアクセルベダルが何となく重いので、スムーズに動くように整備しました。ワイヤーインジェクターで注油してやると動きが軽くなって、直ったかに見えたのですが・・。

s-wire017

これだけでは終わりませんでした。もっと面倒なことに。orz

アクセルが重い症状ですが、発進時アクセルペダルを踏み始めると「コキッ」と動く感じで微妙なアクセルワークができません。ということでワイヤーに注油することにしました。

s-wire001

ペダルに繋がった棒がテコの動きでアクセルワイヤーを引っ張ります。

s-wire002

アクセルワイヤーはペダルの上の方からエンジンルームにつながっています。

s-wire003

カバーを留めている2本のネジを外せばワイヤーの端が現れます。

s-wire004

タイコを外しても良いのですが、ワイヤーを緩めたら付けられたのでこのまま注油。

s-wire005

5-56で洗い流したあと、スプレーグリスを注入します。

あれぇ?ワイヤーのアジャスター部分の樹脂ネジとブラケットのゴムが切れてる。気が付いて良かったと言えば良かったのですが、これはマズイですねぇ。

s-wire006

もしかすると、ここが動いて「コキッ」となっていたのかもしれません。

s-wire007

とりあえずビニルテープでぐるぐる巻きに固定しました。

これで一応は「コキッ」がなくなってスムーズに動くようになりました。でもこの状態ではいつ外れてもおかしくありません。安全のため新品のワイヤーに交換することにしました。

純正パーツ購入

パーツの品番はここで調べるとすぐに分かりました。で、注文はDラーが一番簡単らしいので、初めて近くのBMWへ行ってみました。でも何か場違いな雰囲気・・・。

不思議と客が全員大金持ちに見えてくる。パーツだけ買いに来る客なんてオレぐらい?ちゃっちゃと注文して帰りたい気分・・・。(´Д`;)

s-wire008

とはいえ2日後には納品です。アクセルボーデンケーブル(35411166203) 3,297円。

s-wire009

ゴムブッシュは別パーツか?と心配だったのですが、ちゃんと組まれていました。

s-wire010

ペダル側。この樹脂の爪は嵌めるのは一瞬ですが、外すのが大変!

パーツ交換作業

では早速ワイヤー交換に取り掛かります。

s-wire011b

キャビンフィルターハウジングの下を通るのでトルクス4本と手前の爪を外します。

s-wire012b

ワイヤーの通し方と固定している位置を覚えておきます。

s-wire013

ペダルのところを覆っているカバーを取り外し。

ペダルからタイコを外して、ワイヤーを車体に固定している樹脂の爪を外す訳ですが

s-wire014

この樹脂の爪が外れなくて焦りまくり。 (ペダルの上方を撮影してます。)

s-wire015

結局アクセルワイヤーのこの部分を紐ノコで切断しました。

s-wire016

この部分はゴムモールと樹脂のパーツを外せばスリットに通せます。

あとは元通りにケーブルを這わせて、フィルターハウジングを取り付ければ完成です。

樹脂の爪を外すのに手こずった以外、交換作業は特に難しくありませんでした。3千円ちょっとで(思ったより安く)アクセルが軽くなって最高の気分です。

(2013-09-02 e46wire)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル