合体T10LEDバルブを作る

Dealextremeで買った44mmフェストン形のLEDバルブにT10の口金を取り付けました。

完成した0.6w/60lmのウェッジバルブ。組み合わせるだけなので作るのも簡単です。

T10ウェッジバルブを買おうと探してみても、明るい物は見つかりませんでした。無ければ作るのが一番です。ソケット穴に通るという制限を取り払えば明るいバルブが簡単に作れます。

$1のバルブ。スペックは0.25W/16lm。このハウジングを利用します。

LED側はまた何かに使えるでしょ。

真ん中に抵抗が付いているので改造も楽々。まずは口金を外します。

T10口金に単線コードを通して

エポキシで接着して(念のためプライマーを塗布)、ハンダ付けすれば完成。

通常T10は後から入れますが、穴に通らないのでレンズを外して前から入れます。

横長の反射板なんでLEDも横長のほうがいいと思うんです。

点灯テスト。OKです。

元の5W電球と同等以上の明るさです。天井の内装も明るく照らしています。

試しに付けた0.25W/16lmの場合。

運転席上に同じ60lmのLEDが入っているので、前後のバランスも良いと思います。

両脇のマップランプ用のバルブは注文から3ヶ月半かかって、やっと届きました。恐らくポジションランプ用だと思いますが、これを取り付けます。

1Wのヒートシンク付きT10バルブ。全光束は不明。

マップランプはまあこんなもん?思ったほど明るくありませんでした。

【関連記事】

(2012-04-06 e46t10)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル