ディープサイクルバッテリーの分解

ディープサイクルバッテリーを使い始めてもうすぐ3年です。何日か前にふとインジケーターを見ると要交換のサインが出ていました。もう限界なんですかねぇ。

s-ds3y001

正常な場合は緑ですが、ゆすってみても緑にはなりません。

3年も使ったら多分水も減っていると思うんですが、MFバッテリーなんで中の状態を見ることができません。駄目もとで蓋を剥がしてみようと思います。

s-ds3y002

ラベルが貼ってある所のカバーが外せたら、中が覗けそうな雰囲気です。

s-ds3y003

タガネで剥がしました。割らずに剥がすのは難しいです。

s-ds3y004

とりあえず電圧を測ってみると13.3V。

s-ds3y005

ライトで照らして液面を覗くと細かいゴミが浮いている感じ。

s-ds3y006

比重を測ろうとしたんですが液面に届かないので、ストローを足しました。

s-ds3y007

底の液を吸い取ると真っ黒! 比重はやはり重いです。

s-ds3y008

とりあえず各セルに水を加えてみます。カップ1杯が70ccぐらい。

s-ds3y009

カップ1杯では変化が無かったので2杯入れたら・・・薄めすぎたかも。

s-ds3y010

軽く攪拌してから電圧を測ると、ほとんど変化なし。

s-ds3y011

真ん中に開いた穴を破片とホットメルトで塞ぎました。そして充電してみます。

s-ds3y012

ほんの少し緑色になった感じ。

s-ds3y013

濁りはさておき、良好サイン内に収まりました。

一応緑のサインに戻ったので、もう一度蓋をして使えるようにしようと思います。

s-ds3y016

栓として使えそうなゴム脚を買ってきました。

s-ds3y017

アルミリベットとシリコンでネジ穴を塞ぎました。(左の2つは加工前)

s-ds3y018

ひとつだけ穴が緩めなので栓が中に落ちないように紐を付けました。

s-ds3y019

栓の上から布テープを貼り付け。

s-ds3y020

ガス抜きの通路の上にもテープを貼って完成です。

s-ds3y021

数日後、比重的には完全復活しました。

とりあえず、もうしばらく使ってみます。(発熱とか水素とか、要注意)
(2014-04-07 ds_barashi)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル