カブの燃料計解析

何でこんなことを考えたかと言いますと、丁度10km走った時の針の変化が記録できたので、これで燃費を計算してみようと思ったのです。

s-737gas

ある時燃料計と走行距離を記録しました。(12,737.3km)

s-747gas

後日また撮ってみると、たまたま丁度10km増えていました。(12,747.3km)

写真を合成して、針が動いた寸法をチェック。10km走ってこれだけ減りました。

s-hari10km

正確な寸法を測るため、イラレでラインを引いています。

一目盛が何mlなのかを測るため、ガソリンを一旦携行缶に抜き取って、カップで容量を測りながら入れなおしてみることにしました。

s-gas2000a

シュポシュポで抜き取った時の針の位置。ここから200mlずつ入れていきます。

塗料用の計量カップしかなかったのですが、そう大きく狂っていないでしょう。多分。

s-gas2

これで200ml。

s-gas201

入れる時はこぼれないように漏斗を使います。

s-gas2200a

1カップ投入。1カップごとに写真撮影。

s-gas120

3カップ半入りました。最後は約120ml。なので合計720ml。

s-hari720

写真を合成し、イラレで線を引きます。

イラレの線をCADにインポートし、1目盛の寸法が100になるように図を拡大します。シアンの線がガソリンを戻し入れた針の位置で、112.51動きました。

gas_zu3

針の動きは720(ml)で112.51(mm)、10(km)走って42.98(mm)

【目盛の計算】 (x=燃料計の青1目盛の容量)

x(ml)/100(mm)=720(ml)/112.51(mm)

x=639.94(ml)

青い目盛一つが約640ml 

【燃費計算】 (y=10km走った時のガソリン消費量) (z=1リットル当たりの燃費)

y(ml)/42.98(mm)=640(ml)/100(mm)

y=275.072(ml)

10kmで275.072ml消費

z(km)/1000(ml)=10(km)/275.072(ml)

z=36.3541(km)

燃費は36.4(km) キャブをOHして8km/lほど増えたけど、イマイチ。

丘陵地をほとんど全開で走っていたら、こんなもんですかね。

(2016-03-25 /cub_gasmater)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル