カブ専用LEDバルブ+放熱ブレード完成

光軸の全然合っていない市販LEDバルブをベースに作った、カブ用のヘッドライトバルブですが、今回はコレを改良し、熱を逃がすための対策を施しました。

改造したLEDバルブのお尻に取付けたヒートシンク[放熱ブレード]は効果あり。

これまでの流れ

市販の中華LEDバルブのアルミを削って、LEDの位置を後ろに移動させ、光軸を最適化しました。あわせてCREEの10WLEDに交換し、明るさもアップ。

上:Aliで買ったLEDバルブ 下:光軸を直し、CREEのLEDでパワーアップしたバルブ

しかし、Hi/Lo切替が上手く行かなかったので、2つのドライバをLEDに直付けする形に変更。

ヘッドライトに固定すれば使えます。(ドライバの手前にはAC/DCコンバータ設置済み)

LEDバルブ仕上げ

まずはこのバルブをヘッドライトに固定するため、ヘッドライトソケットを購入。

使うのは金具の部分のみです。432円(@ライコランド)

金具はグラインダーで切断。バネは単1用の電池接点を切って作りました。

取付けはLEDバルブ、バネ、金具の順に置いて、押し回しで固定されます。

熱対策

バルブのお尻側からも放熱させようと考え、アルミパイプを取付けました。

パイプはシリコンで固めました。何だかレコードプレーヤーのヘッドシェルみたい。

アルミパイプを付けたのは、そこにヒートシンクを取付けるためです。

ヒートシンクはアルミで作りますが、その前に紙のモデルで検討。

アルミ板を買うより安いので、ダイソーで鍋蓋を調達。

下図を貼り付けて、金切りバサミで切り取ります。

折り曲げ完了。肉厚が0.5mmほどで思ったよりヤワですが、まあとりあえず。

パイプを通し、『固まる放熱用シリコーン』で固めたら、放熱ブレード完成です。

高いけど、接着する場合はこれが一番いいですね。カチカチに固まります。

放熱ブレード取付け

LEDバルブを取付け、金具で固定します。

パイプに固まらないシリコンを塗ってから、放熱ブレードを差し込みます。

AC/DCコンバーターにLEDドライバーを接続し、ヘッドライトを取付けます。

30分ほど走って、放熱ブレードの温度を測ってみると約50℃になっていました。
多少なりとも放熱効果はありそうです。

光軸と明るさ

最終的な光軸と明るさはこうなりました。

左:ハロゲン (30W)  右:CREE XML T6 +2.8Aドライバー(10W)

やった~!2ヶ月ぐらい掛かって、やっと満足できるものができました。前を走っている車にこの青白い光が反射しているのを見ると、嬉しくてニヤけてしまいます。(*`▽´*)
しばらく使ってみて問題無いようなら、次はもう少しパワーアップしようと考えています。

【関連記事】

 
 
 
 
スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル

『カブ専用LEDバルブ+放熱ブレード完成』へのコメント

  1. 名前:OJISAN 投稿日:2017/08/24(木) 17:16:48 ID:18aa03da5 返信

    さすが、ど根性ですね
    でもかっこいいんじゃないですか・・・いいなあ腕があって
    放熱板も、さすがですね・・鍋蓋ですか(笑)・・・おみそれしました
    これって電球を交換するときは、放熱板をぐにゅってまわして
    中の金具も回して交換ですよね
    それと、ライトの前面の透明なキャップは解けてきませんかね?

    • 名前:oink! 投稿日:2017/08/24(木) 21:47:34 ID:4eb310d9d 返信

      LEDバルブが交換できないとアレなんで、放熱ブレードは
      「固まらない」シリコンにしました。回しながら引っ張れば外せます(多分)。
      鍋蓋の肉厚は1mmあるかなと思って買ったんですが、意外と薄いんですね。
      1mmの板を買って作り直そうかとも考えたんですが、0.5mmでも一応機能してるので、とりあえず良しとしました。
      >ライトの前面の透明なキャップ
      中古で買った時から溶けていて、そのまま使っています。心配なので外から指で温度を確認していますが、全然大丈夫のようです。

  2. 名前:電子工作好き 投稿日:2017/08/24(木) 21:09:34 ID:b3914d83a 返信

    こんばんは~。
    凄い!、凄い!、何だかサスペンス小説でも読んでいる気分です。

    >アルミ板を買うより安いので、ダイソーで鍋蓋を調達

    こういう臨機応変な所が流石です。
    普通は、最適な部材を捜し出すだけでも大変でしょうに…
    それに、私は放熱板は前方に伸ばすのか?と思っていましたが、
    光軸の蹴られを考慮して、後方での放熱に切り替えましたね。

    • 名前:oink! 投稿日:2017/08/24(木) 22:00:17 ID:4eb310d9d 返信

      ありがとうございます^^
      下手に素材の板を買うより、製品を買ったほうがお得な事は結構ありますね。
      例えばABSのパイプはダイソーのタオル掛けがオススメです。
      >後方での放熱に切り替えましたね。
      ファンレスのLEDバルブに「ヒートリボン」という金属を編み込んだ放熱器が取付けられた製品があったので、それに近いものを目指しました。
      今の所、明るさは落ちずに使えているので、LEDが焼けるという事態は避けられそうです。