CCAチェック&バッテリー交換

新品から9年目(ソーラーで4年目)に入ったバッテリーの電圧の下がり方が早くなってきました。そろそろ限界に達したようです。

s-bm0702_003

新たに購入したCCAチェッカーで測ると×印が出ました。

CCAテスターは”MIDTRONICSのPBT-200″が標準的な存在ですが結構高いです。3万5千円ぐらいします。そこまで出す気は無いので、安いヤツを買いました。

s-iba601

Aliで$43-$85ぐらいで売っているタイプです。TRISCOというメーカーの製品です。

s-iba603

モノタロウで買いました。値段はAliと同じぐらい(5千円)だし、デリバリーが早いので。

早速計測開始

では早速問題のバッテリーを測ってみようと思います。でもその前にいつものテスターで電圧を計測。CCAテスターでは12.80Vと出たので、その差0.1V程度です。

s-bm0702_002

55AhのBMW純正バッテリー。基準CCA値は480。丸8年使いました。

CCAテスターの使い方はバッテリーに接続し、仕様を入力し、エンターを押すだけ。

s-bm0702_001

ボタンが2つしかないので入力が面倒。[↓↑]を長押しすると増↑↓減が切り替わるようです。

s-bm0702_004

パルス充電して2時間後に測ったら、24%→30%に少し増えました。(でも×は変わらず)

このバッテリーは寿命と判断し、代わりに車で使用中のバッテリーを回すことにしました。

車で3年使ったBMW純正の再生バッテリー

車で使用中のバッテリーは3年前に再生バッテリーを買って、近距離メイン・週1~2回の頻度で使ってきました。状態はというと、セルは力強く回り、インジケーターも緑で正常です。

s-bm1102_001

取り外した時は42%で、(充電して再度テストしてみてねを意味する)?マークです。

s-bm1102_002

充電すると、82%まで上がってOKサインも出ました。ソーラー用としてまだまだ使えます。

ノーブランドの再生バッテリー

車には代わりとしてノーブランドの再生バッテリーを買いました。

s-vt1503_001

基準CCA540に対して618なので余裕の100%

s-vt1503_002

抵抗値は4.40mΩ。この値が低い方が元気なバッテリーと判断されるようです。

電圧が12.5Vと低めだったのでパルス充電してみたんですが

s-vt1503_003

やべっ! 納品時よりCCAが下がってしまいました。healthも92%だって。[あせあせ(飛び散る汗)]

s-vt1503_004

時間を置いて電圧が下がってから測ると、ギリギリ基準値以上になりました。

とうに寿命のG&Yu

続いてスカスカのG&Yu[SMF31MS-850]も測ってみました。(基準CCAは850)

s-gy1106_001

2個ある内の古い方(3年9ヶ月使用・インジケーター:緑OK)は0%で×印。

s-gy1109_001

3ヶ月あとに買った方(3年6ヶ月使用・インジケーター:要交換)も0%で×印。

でも、昼間のバッファとしてならまだ役に立つのでG&Yuは継続して使います。

CCAの数値はバラつく

CCAテスターは充電して2時間ほど経ってから測った方が良さそうです。充電直後の電圧が高い時に測ると内部抵抗が大きく、CCAとhealthの値は低くなります。また、ちょっとしたことで数値がばらつくような印象を持ちました。

s-cca_chk1

安いCCAテスターでも目安を知るには役に立つと思います。買ったばかりの再生バッテリーをパルス充電したらCCAが下がってしまったのがちょっと嫌な気分ですが、「数値はちょっとしたことで振れるもの」と思っておいたほうが良いのかもしれません。

(2015-04-17 ccacheck001)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル