省エネATX電源に交換

ATX電源を交換しました。今までは電源なんて動けば何でもいいと思っていましたが、この電源に換えて考えが変わりました。消費電力が低いのは気分イイです。

s-atx006

玄人志向の[KRPW-PT500W/92+]

DC変換効率の高い80PLUS PLATINUMを認証した電源は結構ありますが、待機電力0.5W以下(2013~)という規格、Lot6を取得した商品はまだ数少ないみたいです。

s-atx002

省エネ性能が最高クラスで、しかも低価格。8,250円でした。

s-atx003

ErP Lot6を取得しているのが購入の決め手。

s-atx004

3年保証というのもイイですね。

s-atx005

見た目ではコードがすっきり束ねられているのが旧電源との大きな違いです。

s-atx001

6年間使い続けてきた旧電源[赤い彗静]。まだ快調なのでこれは予備機へ回します。

s-atx007

交換完了。ファンの音は旧電源より静かです。ラベルを見ると販売元はCFDなんですね。

さてさて、消費電力はどれだけ下がったか。

s-new39w

アイドル状態で39W! (旧電源では51W)

s-pf98

力率98%! (旧電源では67%)

s-taiki0w

待機電力0W! (旧電源では4W)

電源を替えたことで電力消費は約23.5%減りました。月あたり6kwh(@25円として150円)ほど削減されます。ソーラーパワー+インバーターの場合も余裕で動きます。こりゃいい。

(2013-10-28 atx_dengen)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル