スリムドライブにスイッチを取付ける

「ケース本体のOPENボタンでスリムドライブのトレイを開く」というのが今回のテーマです。スリムドライブはベゼルのところにスイッチが付いていますが、この配線をどう引き出すか?がキモになります。

s-ampc41

始めに考えたのはカッターで切って後側に伸ばす方法。でも油断したら切れてしまいました。

s-ampc42

ハンダ付けで復活を試みたが手が震える。付いたと思っても、ポロっと取れてしまいます。

s-ampc44

ちなみに細い線はトランスに巻かれていたエナメル線を利用しました。

s-ampc43

トランスってこういう金属が互い違いに重ねて作られているんですね。なるほど。

s-ampc45

次に考えたのはコネクター部分で別のFFCを引き出す方法。

コネクター部分がずれているのか、正常に動作しませんでした。結局、このフレキの修復を諦め、新たにDVDドライブを買いました。(中古品1,000円ほど)

次の作戦は細く切ったFFCのコネクター部分にエナメル線をハンダ付けする方法。

s-ampc410

FFCのコネクター部分はハンダが乗りやすく、上手く行きました。

s-ampc46

それをスイッチのハンダ部分に付けました。

s-ampc47

FFCが動かないように両面テープで貼り付けます。

s-ampc48

茶色のFFCと同様にループができるようにして、開閉に対応させます。

s-ampc49

コードをFFCの端にハンダ付けし、外に引き出しました。ふぅ~何とか完成!

s-ampc411

トレイ横の”OPEN”のスイッチにつなげます。白いのは補強のホットメルト。

s-ampc213

ボタンを押すと「カシャッ」と開きます。これにはちょっと感動しました。

s-ampc412

残すはアンプ部分の内蔵と細かい部分の仕上げです。

【関連記事】

(2011-04-19 ampc4)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル