ミニコンポの筺体にマザーボードを取付ける

中味を空にしたミニコンポのケースにマザーボードを取り付けます。OS入りHDDを収め、電源をつないでPCとして機能させます。今回は「フロントのスイッチで電源を入れられるようにする」まで進めようと思います。

まずはバックパネルを切断砥石を付けたグラインダーで切りました。最終的にはこの上にもう一枚パネルを重ねるか、金属板で作り直す予定です。

s-ampc21

とりあえずI/Oパネルが入るように、おおまかに。

s-ampc22

マザーボードを固定する下駄。5X10のアルミ角材にネジを切りました。

s-ampc23

下駄をケースの底から固定して、スペーサーをねじ込んだら、M/Bを取り付けます。

s-ampc24

この薄型ファンはうるさいので、スペース的に可能であれば純正に戻したいと思います。

ここに外付けの電源と、OS入りハードディスクを繋げば、PCとして動きます。フロントパネルのスイッチでPCを操作できることを目指し、基板を加工しました。

s-ampc215

デンオンCDレシーバーのスイッチ基板。ディスプレイ部分は不要なので取り外します。

s-ampc217

配線を考えながら、パターンカットして使います。

s-ampc216

取り付けたLEDのVfは3.2V。ここには5Vが掛かるので、91Ωの抵抗を追加しました。

s-ampc219

マザーボードのPWR-SWとPWR-LED、HDD-LEDと繋がります。

基板右側にはアンプON/OFFスイッチとONで点灯のLEDを付けました。アンプのスイッチはONで常に閉じている必要があるので、小さいオルタネートスイッチに交換しました。そしてこのスイッチの軸がケース表面のボタンに届くように丸棒を繋げました。

s-ampc218

左隣のタクトスイッチをリセットスイッチとして繋げました。一番左はドライブのOPENになる予定。

リモコン受光部はHDDアクセスランプと変わりました。

LEDの色はピンクと青です。良くある赤と緑じゃないだけでも新鮮です。

次回はDVDドライブを取り付けます。

【関連記事】

(2011-04-04 ampc2)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル