アラジン・ブルーフレームのレストア

もう使わないということで、アラジンの対流型ストーブをもらいました。シリーズ16という機種で、1967年の製品のようです。

日本に石油ストーブを広めたと言われるアラジン・ブルーフレーム。

前オーナーの話では「芯が減っているけど、使えると思う」とのこと。

英国製です。舶来品という言葉が似合います。

燃料計の窓が灯油で黒く変色しています。針が全く見えません。

外してみると、フロートが出てきました。コルクってのがイイねぇ。

かつては外車といえばヤナセでした。あのヤナセが売っていたストーブです。

No.P160051はシリーズ16(初期型)のスタンダードタイプのようです。

汚れてはいますが、壊れていないし、欠品も無いので使えそうです。

芯は先っぽが灰になっています。

芯クリーナーが残っていたので、コレを回転させて芯を整えます。

試運転

とりあえず灯油を入れて火を点けてみました。パイプの詰まりもなく、問題なく使えます!

レストア開始

完全に新品同様にするのではなく、この古びた味を残しつつ、汚れを落とし、実用部分でのくたびれた所を中心に整備して行こうと思います。

燃料計の透明窓をダイソーのt2アクリル板で作り直し。両頭グラインダーで円く削ります。

バッチリ。再生完了。

芯が短くなっているので、爪の位置を左のスリットにハメ替えます。

左から2番目にハメ替えます。日本製の芯ということは、何回か交換しているようです。

全バラし、真鍮ブラシでサビを落とし、ダイソーのクリームタイプの「サビ・水あか等の汚れスッキリ!」で磨きました。

古い工業製品はマイナスネジを使っています。この辺が時代を感じさせてくれます。

50年前のおじいちゃんストーブが蘇りました。当たり前のように使えるのが凄いです。芯や覗き窓(マイカ=雲母)が今でも安くで入手可能です。素晴らしい!

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル

『アラジン・ブルーフレームのレストア』へのコメント

  1. 名前:電子工作好き 投稿日:2017/02/10(金) at 22:25:06 ID:a9539116d 返信

    こんばんは~

    >英国製です。舶来品という言葉が似合います。

    おおお…、いいないいな…。
    イギリス辺りでは、街中で蚤の市が頻繁に開かれていて、昔の大工道具とか
    家具なんかも(その他、身の周りの品は何でも)売られていたりするんですよね。
    それで、そういう昔の道具をレストアして使う人は、尊敬されたりする様です。
    そういう昔の物を大切にする国製の道具ですから、レストアにはピッタリですね。

    • 名前:oink! 投稿日:2017/02/11(土) at 08:33:32 ID:2ff1f76fa 返信

      イギリスの古い物を大事にする文化には憧れます。
      根がケチなのかもしれませんけどね。
      何でも賭けの対象にしたり、ブラックユーモアであったり、
      イギリス人気質?が私は大好きです。