卓上扇風機のDC化

100V卓上扇風機のモーターを交換し、今流行りのDCモーター扇風機に生まれ変わりました。

s-ac2dcfan001

コードが出ていた所にDCジャックが。ACアダプターやバッテリーで動きます。

この卓上扇風機は100VACで動く製品ですが、最近は使うことがめっきり減りました。

s-takujo17

10年位(?)前に買った、山善の18cm卓上扇。High/Low切替と3時間タイマー付き。

一方こちらはよく使っている12VDCの[ふぁん太郎]。付属のACアダプターで動きます。

s-12vfan202

無段階に風量調節できてイイのですが、剛性が弱く、カタカタと音がうるさいのが難点。

目指すは「イイとこ取りの扇風機」

静かで省エネなDCモーターと、卓上扇風機のしっかりしたボディと3時間タイマーが合体。

・・・ってことで、ふぁん太郎から分解開始。

s-ac2dcfan002

ガードを外したら、逆ネジをゆるめて羽根を外します。

s-ac2dcfan003

後ろ側からモーターと基板ASSYを取り外します。

s-ac2dcfan004

モーターはΦ53mm、軸径が4mm。モーターは金属の筒全体が回転します。

続いてAC扇風機の方をバラします。

s-ac2dcfan005

羽根は引っ張ったら抜けました。軸径6mm。

s-ac2dcfan006

ACモーターです。首振り機構も付いています。

DCモーターを移植

ACモーターを外して、ふぁん太郎のDCモーターを取付ます。

s-ac2dcfan007

フランジのネジ穴を拡げたらピッタリ!上のネジはパイプで作ったスリーブをプラスして固定しました。

s-ac2dcfan008

軸にアルミパイプ、SUSパイプを二重に瞬間接着剤で付けてΦ6mmに増やしました。

s-ac2dcfan009

首振りは難しいので廃止。回らないように金具で固定。

続いて土台の方をDC仕様に改造します。

s-ac2dcfan010

元々の100VACの状態。機械式タイマーとOn/Low/High切替スイッチが付いています。

s-ac2dcfan011

タイマーはそのまま流用し、ふぁん太郎のSW付ボリュームが入るように穴を開けます。

s-ac2dcfan012

t3のABS板にボリュームを付けて、ブラケットに固定します。

s-ac2dcfan013

DCジャックを嵌め込みタイプに交換し、コードが出ていた所の穴を拡げて固定します。

完成!

s-ac2dcfan015

モーター後のカバーを付けて、首振りのツマミでフタをすれば完成です。

使われなくなった卓上扇風機と、カタカタうるさいDCファンが合体し、生き返りました。無段階の風量調節と3時間タイマーが付いて、静音で、省エネ。上手く行きました[ぴかぴか(新しい)]

(2015-06-15 ac2dcfan)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル