まさかのビビリ音でスピーカー直し

エンクロージャーはイイのが出来たと満足していたのですが、片方のスピーカーユニットの組み立てに失敗したようです。ベースの低音が割れたような音がします。AMラジオで電波が弱い時のガサガサした雑音に似た感じです。

s-8sp016

100均三脚がスタンドになるのがお気に入り。でも想定外のビビリ音に納得できません。

GGってみるとビビリ音が出てしまったという事例は多いようです。作る前に調べておけばもうちょっと丁寧に作っていたはず、とちょっと後悔。

s-8sp020

組立途中の写真を見てみると、茶色のゲージ先端がずれているような。雑に作りすぎたか。

s-8sp018

コーン紙をつまんで引っ張ったら直るらしいのですが、残念ながら改善しませんでした。

こうなったらもう一度ボビンをまっすぐ組みなおすしかない。デザインナイフで接着剤部分を切り取り、センターキャップを外しました。

s-8sp021

コーン紙とボビンの間にに大きな穴が開いてしまったので、茶封筒を切って貼り付けました。

s-8sp022

ボビンをまっすぐ入れなおした後、分断されたコーン紙と接着剤でつなぎ直します。

s-8sp023

キャップを付けて修正完了。

s-8sp019

幸運なことにビビリ音は無くなりました。この音なら納得です。

s-8sp024

この際ダクトを短くしてチューニング周波数を(無理せず)90Hzから100Hzに上げました。

s-8sp025

このスピーカーの底にはLアングル用の金具が付くようにナットが埋めてあります。

s-8sp015

三脚とW1/4ナットを組み合わせればスタンドになります。

s-8sp017

でも結局三脚は使わず、工作室の壁に取り付けて使うことにしました。

イイ音で音楽を聴きながらの工作、最高です。

【関連記事】

(2014-07-28 8sp_rpr)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル