TZR250Rフロントアッパーカウル割れ直し

無傷の反対側をボール紙になぞって型紙を作り、反転して樹脂で作ることにします。

s-3xv_ware002

スクリーンと穴位置が合っているか確認しているところ。このあと樹脂板になぞります。

s-3xv_ware003

樹脂板は同じ材質のシートカウル残骸から切り取って使います。

s-3xv_ware004

ちょうど良い曲面部分を切って作りました。

s-3xv_ware005

接合面を削っては確認し、ピッタリ合うようになりました。

s-3xv_ware006

少し肉を削って薄くしてから、FRP(サーフェイスマット)で貼り固めました。

s-3xv_ware007

裏側も同様に。

s-3xv_ware008

ポリパテで修正。

s-3xv_ware009

水研ぎ完了。

s-3xv_ware010

下地が完成。

最初はこの部分だけ塗り直そうと思っていたんですが、カウル前側部分の色が褪せているので、この際全面塗り直すことにしました。

s-3xv_seat501

「ビビッドレッドカクテル1」という色は白です。カラークリア(レッド)が必要です。要注意。

s-3xv_ware011

「ビビッドレッドカクテル1」の上に「パールコート」を塗り、下地完成。

s-3xv_ware012

クリアレッドを塗り終えたところ。繋ぎ目は全く分かりません。

s-3xv_ware013

イサムの2液性ウレタンクリアを吹いて(本当は最後に磨いた方がいいですが)完成です。

s-3xv_ware014

折角なのでフレームも綺麗にしました。写真はジンクスプレーを吹いているところ。

コケたらまたすぐ割れそうですが、今のところは新品の輝きです。

(2015-01-23 /3xv_repaint)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル