初3Dプリント

3Dプリンターのソフト的な設定が一通り済んだので、いよいよ立体プリントしてみます。

s-robot3d006

PLA樹脂が溶けて、GMN汁が垂れてきました。準備OKです。

さて、初めての3Dプリントは何にするかですが、Curaをインストールした時に画面に出ていたロボットのモデルを出力してみようと思います。

s-cura201

画面に無い場合はUltimakerRobot_ support.stlを開きます。

FileメニューからPrintを選択すると、下のような画面が現れます。

s-cura202

上のPrintボタンを押すとヒーターの温度が上昇し、しばらくするとプリントが始まります。

記念すべき初めての3Dプリント。

s-robot3d001

カスみたいなのがちょろっと出来ました。(*゚Д゚*)ベッドにくっつかないのが敗因です。

ベッドに貼ったマスキングテープにスティックのりを擦り付けて、再度トライ。

s-robot3d002

途中で糊が剥がれて、ベッド上を行ったり来たり。スカスカのロボットが出来ました。

今度はCuraの設定を変更してみます。まず、レイヤーの細かさを0.2→0.1に、温度を200℃→220℃、フィラメントを太さ2.85(合わせていませんでした)→1.75。

s-cura203b

レイヤーを半分にすると時間は倍の50分掛かります。材料は1.25m/4g消費します。

s-cura204

プリントボタンを押して、温度が上がるのを待ちます。

s-robot3d003

イイ感じでプリントされています!

s-robot3d004

出た~。ちゃんと形になってる!

s-robot3d005

温度等の設定を色々試してベストに持っていけば、プリント品質はもっと良くなりそうです。

積層中の動きを撮ってみました。(20秒)

3万円の3Dプリンターですが、数百万する高速チップマウンターみたいな速い動き。

PLA(ポリ乳酸)はいい匂いという記述をどこかで見たのですが、メイプルシロップのような甘い香りがします。植物由来ということなので安心ですね。
とりあえずフィラメントはたっぷりあるので試し打ち、調整が続きます。
(2015-10-12 3dp1st_try)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル