100均386マイクロギターアンプ第二弾

最初に作った直挿し型ギターアンプの第二弾として、ゲイン、マスター、ヘッドホンジャック付きに発展させたものを作りました。

s-IMG_5676

カラーリングはハードなイメージにしました。(鉄腕強打幾千度仕様)

ベースとなる100均素材はセリアで買った、ポータブル用ミニスピーカー[CY-329]。36mmのスピーカーが2個付いている薄型のタイプです。

s-IMG_5555

このままではアンプの部品が入りません。

分解の手順は、まずスピーカーをガードしているパンチングメタルを外します。キリなどで引っ掛ければ簡単に外れます。次に真ん中のネジを外せばケースが開きます。スピーカーは周囲をゴム系接着剤で 固定されていますが、隙間に爪を入れて引っぱれば外せます。

s-IMG_5619

出てきたのはプラスチック製のコーンでできたスピーカー。結構しっかりしています。

このスピーカーの後ろにはほとんど隙間がありません。そこで上下ハウジングの間にスペーサーのような枠を挟み込んで厚みを増やし、できたスペースに部品を納めるようにしました。

s-IMG_5621

6mmのABS板を切って、枠を作りました。(途中)

この枠に6.3mmプラグをねじ込んで固定できるようにし、さらに嵌め合わせの凹をプラカッターで彫り込み、凸をABS板を貼り付けて作りました。3つのパーツを合わせてから、スイッチ、ボリューム、ジャックの穴を開けました。

s-IMG_5658

プラグのネジをタップ代わりにして、枠にグリグリとネジを切りました

s-IMG_5667

部品固定のリブを取り付け、缶スプレーで塗装、完成したケース

アンプの回路は220μFと10μFを使ったタイプで、ゲイン、マスターボリュームはつまみ付きの半固定抵抗を使いました。 電池はケース内部のスペースを最大限使うため、A32を2本並列とし、電池ケースはCDケースを切って作りました。

s-IMG_5661

雑に扱うと導線のハンダ付けした部分がすぐに切れてしまいます。

s-IMG_5668

プラグに導線を半田付けし、音が出るか確認。あとは組み込むだけ。

導線が切れないように慎重に組み込み、ネジを止めて、パンチングメタルのカバーをはめ込んだら完成です。

s-IMG_5675

ヘッドフォンを使う時はマスターボリュームを下げないと、うるさくて使えません。

s-IMG_5678

3.5mmステレオジャックにヘッドフォンを挿すとスピーカーが鳴らなくなるように配線しました。

s-IMG_5673

ギターに挿すとこんな感じ。

音は1号機よりも少し大きく、音質もいいみたい。何よりヘッドフォンが使える点がいい。

s-IMG_5622

この一号機とアンプの回路は同じです。詳しくはこちら

【材料】

  • ポータブル用ミニスピーカー(CY-329) 105円
  • LM386N-1 50円
  • 16V-10μF電解コンデンサー 21円
  • 16V-220μF電解コンデンサー 52円
  • 2kΩ半固定抵抗 94円
  • 50kΩ半固定抵抗 94円
  • スライドスイッチ 25円
  • 単4電池端子(2コ) 44円
  • 6.3mmモノラルプラグ 115円
  • 3.5mmステレオジャック 85円
  • A32電池(2コ) 100円
  • ビニール線、基板、ABS板、缶スプレーは手持品

【関連記事】

(2009-09-16 386amp2)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル