ELM327でエンジン警告灯消去に成功

先日買ったOBDスキャンツール[ELM327]は何度やっても上手く使えませんでした。そこで続けて2つ目の商品を注文していたんですが、それが届きました。

s-elm327bl002b

今度は小型の青いヤツ[Vgate Scan]をチョイス。これもよく見かける商品です。

エンジン警告灯が点灯して以来、故障コードの読取りと警告灯を消すことに時間を費やしています。[ELM327]はアタリ/ハズレがあるようなので、すぐに1つ目を諦めてコレを買いました。

s-elm327bl001

またamazonで、国内発送の店から購入。送料合わせて1,200円ほど。3日で到着。

s-elm327bl008

早速装着。

s-elm327bl003

まずはPCで試そうとBluetoothを設定しました。

ソフトはまた[ScanTool.net]を使ってみます。ポートをCOM4に設定して、通信を開始。

s-elm327bl004

ん~~~またハズレか?。ここから前に進みません。・・・・・とりあえず一旦中止。

今度はスマホで試すことにしました。アプリは[TORQUE]を使ってみます。

s-elm327bl014c

しばらく待ったら車のアイコンまで点きました。なんか上手く行ったっぽい。

s-elm327bl011

出た~!

s-elm327bl012

やっと接続できたので、このチャンスを逃さないように急いでエラーを消去。

s-elm327bl009c

やった~!エンジン警告灯が消えました。

まずは一安心。さっき上手く出来なかった[ScanTool.net]でもう一度試してみると

s-elm327bl005

あれ?使えるじゃん。色んなライブデータが抽出できました。

s-elm327bl006

1-2行目が問題の箇所です。(この数値では警告ランプは点きません。)

s-elm327bl007

このページより後のページはデータが無く、全部N/Aでした。

抽出されたFault Code[P0170]をネットで調べていたらコード一覧を発見。

s-elm327bl013b

O2センサーが規定外の異常な数値を検出したようです。

s-elm327bl010

T字のホースが劣化してエアを噛むことがよくあるらしいですが、ウチのは大丈夫です。

ところで2つのELM327はどちらもV1.5と表示されていました。もしかして1個目もやり方が悪かっただけで使えるのかも? と再度接続を試してみました。

s-elm327bl015

ハズレと思って分解してしまった1個目も何故か使えました! (成功確率は低いです。)

これらの安いELM327はある時は使えたり、またある時は使えなかったり、その法則性がよく分かりません。どういう状態だと上手く通信できるのか現在調査しているところです。でもまあ「フォルトコードを吸い出して、警告灯を消す」という目的は達成したので良しとします。

エンジン警告灯のほうは消した後50kmほど走りましたが、再度点灯することは無く、大丈夫っぽいです。近いうちにプラグの焼け具合をチェックしようと思います。

【関連記事】

(2014-05-23 /2nd_elm327)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル