バイク用電源ボックス

バイク用の電源ボックスを作りました。現在バイク用品店で買えるのはシガーソケットタイプのゴツイものしかないようなので、防水型の良いコネクタがないかと探しまくりました。そして、選んだのがヒロセ電機のHR30です。

ワンタッチで抜き差しでき、小型で防水。結構いいんじゃない?でも嵌合部が5mm位しかないので振動に耐えるのかが心配です。

パーツのほとんどはいつものマルツで購入しました。

防水と内圧調整のために透湿防水フィルムを張りました。

透湿防水フィルムと言っても100円の絆創膏ですが・・・

ゴムブッシュはt1の薄板用なので片側を切って接着しました。

在りモノのt2アルミ板を切ってステーを作成。コレをケースに両面テープで貼り付けます。

ケーブルを吸盤でタンクに固定しているので、エンジンをかけても全くブルブルしません。

あとはしばらくテストしてみて耐久性を確認する予定です。

この後、片方のコネクタから5Vが取れるように手直ししました。(詳細はこちら

【材料】
  • コネクタプラグ(ヒロセHR30-6P-6S):525円
  • レセプタクル(ヒロセHR30-6R-6P2コ:840円
  • 防水キャップ(ヒロセHR30-6R-C2コ:294円
  • アルミケース(タカチMXA2-6-5S:1144円
  • ゴムブッシュ(サトーパーツBU-687-A):31円
  • スミチューブ2mm/4mm(オヤイデ電気):63円/63円
  • 2芯軟質シールドケーブル(オヤイデ電気):168円
  • 絆創膏(ダイソー):105円
(2009-05-04 2009-05-04-2)
スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル